Home > その他の山行

カテゴリ: その他の山行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント(受け付けない): -
  • トラックバック(受け付けない): -

蛭ガ岳南尾根の計画が...


【日程】2016年5月7日(土)
【場所】丹沢
【メンバー】大竹
一度歩いて見たかった玄倉からユーシンへの道。その先蛭ガ岳南尾根を登り塔ノ岳まで行き大倉尾根または天神尾根を下りる計画であったが、結果は...

熊木沢出合からの林道はほとんど崩壊しており、一部は道床が大きくえぐられている。どうにか道をつないで林道終点の赤い廃車に着いたが、ここから南尾根に取りつく道が分らない。20分ほど踏み跡や赤布を探したが見つからない。強引に突っ込んでも時間的に塔ノ岳に抜けるのは難しいので熊木沢出合に戻ることにする。

選択肢は、玄倉に戻る、雨山峠を越えて寄へ出る、塔ノ岳又は鍋割山へ登り大倉に下りるである。2時間の林道歩き、バスの便、過去にトレースしたルートと消去法で、鍋割山を越えて二俣経由大倉に下りることにした。

鍋割山への登り口は道標がなく赤布のみ、地図と照合し登り始める。踏み跡と赤布を注意深く追えば道を外すことはない。山頂近くで雨山峠からの道に合流する。

玄倉からユーシンまでの10kmの林道はさすがに長かった。単調な林道歩きに、目に鮮やかな新緑とエメラルドグリーンのダム湖の水が癒しであった。疲れた。

丹沢湖 熊木沢ダム湖 赤い廃車
丹沢湖@玄倉              熊木ダム湖              林道終点の赤い廃車

蛭ガ岳 鍋割山
振り返ってみる蛭ガ岳         鍋割山荘

5月7日(曇後晴) 玄倉(8:00)-ユーシンロッジ分岐(9:55)-熊木沢出合(10:20~10:35)-赤い廃車(11:50)-引返し決定(12:10)-熊木沢出合(12:55)-鍋割山(14:35)-二俣(15:50)-大倉(16:50)

(追記)
帰宅して南尾根の記録を検索してチェック。赤い廃車からは、「山頂に向かって右側の太い沢を渡って取り付く」と書いてあった。沢沿いの目印は大雨などで消失することがあるので注意が必要だ。



【日程】2016年4月17日(日)
【場所】大山
【メンバー】大竹
最後は弘法山、権現山を経由して秦野に下りる予定であったが、道標を見誤り吾妻山への道に入ってしまった。途中で気付いたが戻るのも面倒なのでそのまま進み鶴巻温泉に下りた。

4月17日(曇) 大山ケーブル駅(7:10)-[女坂・下社・見晴台・雷ノ峰尾根]-大山(9:10)-[裏参道・蓑毛越・浅間山・高取山・善波峠・吾妻山]-鶴巻温泉(12:35)



【日程】2016年4月30日(土)
【場所】西丹沢
【メンバー】大竹
昨年9月屏風岩山より白石峠まで歩く計画であったが、途中道に迷い大幅な時間ロスで畦ガ丸より下った。今回大滝橋より入り白石峠まで歩いてきた。白石峠より下る道の特に最初の部分はかなり崩れていた。帰りの新松田までの午後の最初のバスは14:40、1時間待たされた。

4月30日(曇) 大滝橋(8:25)-大滝峠上(9:45)-畦ガ丸避難小屋(10:30)-白石峠(12:10)-[用木沢出合]-西丹沢自然教室(13:40)

(記:大竹)

忘年会からの丹沢トレラン

先週土曜日は丹沢で山岳会の忘年会。翌日は大倉尾根を上がって塔ノ岳、大山を経て広沢寺まで。nike+とrunkeeperを比べてみたけどrunkeeperの方が位置情報早く拾う分とんだりすることがあるみたい。時間があれば広沢寺で登ろうと思っていたのですが、かなり歩いてしまって夕方になってしまいました。(新宮)

丹沢トレラン

12294779_1150537498309280_4778659545834379841_n.jpg12301560_1150537521642611_2755408565151313478_n.jpg

丹沢トレーニング


【日程】2015年7月12(日)
【場所】丹沢
【メンバー】大竹
まだトレースしていない3つの尾根、烏尾尾根、政次郎尾根、及び天神尾根をつなげたトレーニング山行をしてきた。天神尾根の登り途中から足の攣りに苦しめられ、結局合計では標準コースタイムであった。

ファイントラックのドライレイヤー「スキンメッシュ」は、汗をかくこの時期快適であった。お薦めです。

丹沢トレイニング

7月12日(晴) 大倉(7:20)-新茅荘(8:25)-[烏尾尾根]-烏尾山(9:55)-政次郎の頭(10:40)-[政次郎尾根下降]-戸沢(11:35~12:00)-[天神尾根]-大倉尾根合流(14:00)-大倉(15:30)

(記:大竹)

丹沢・水無川本谷


【日程】2014年2月22日(土)
【場所】丹沢・水無川本谷
【メンバー】大竹
2週続けての関東甲信地方の大雪。特に14日の雪は、道路を寸断、多くの地域で孤立状態が。これでは山の雪の状態以前に、アプローチができない。大西さんの勧めで、電車一本で行ける丹沢に行くことにする。「10年くらい前に大雪後の水無川本谷を登ったことがあります。F5あたりは氷混じりの雪壁でした。最後のがれ場は広大な雪面でローツェフェースの様で感動的でした」とのことで水無川に決めた。

大倉から戸川林道を20分ほど歩くと雪が。トレースがあるしクラストしているので問題ない。水無川は50年ほど前に来ているが、どんなだったか記憶にない。ガイドブックにある本谷山荘を探すがわからず、書策新道の道標の所から沢に入る。良く見ると本谷へのわずかなトレースがある。F3、F4は埋まっていた(気が付かなかった?)。F8大滝は最初左側(右岸)を巻こうとしたが岩がボロボロなので下降し、右側を登ると部分的に雪に埋まったフィックスロープがあった。F9を抜け、楽しみにしていたローツェフェースであるが、う~んどこだと探すうちに樹林帯にはいり表尾根に合流した。沢自体は、時々もぐることがあるがクラストしており快適でした。

人気の塔ノ岳、夏ほどではないがそこそこの人。曇っていて富士山は見えず残念。軽く食べて下る。花立山荘のところでアイゼンを脱ぐ。下るにつれ雪融け、ぬかるみ歩きとなった。

水無川出合 f1 f8
水無川入渓地点            F1                    F8

塔ノ岳 大倉尾根で
塔ノ岳                  大倉尾根で

2月22日(曇) 大倉(7:20)-戸沢出合(9:00)-水無川入渓(9:30)-本谷1197m書策作新道分岐(10:55)-塔ノ岳(14:00-14:10)-大倉(16:10)

(記:大竹)

丹沢:鍋割山~雨山峠~寄


【日程】2013年9月21日(土)
【場所】丹沢・大倉~二股~小丸~鍋割山~雨山峠~寄
【メンバー】大竹
トレーニングで丹沢を歩いてきた。訓練所尾根から小丸を越えて鍋割山に登り、雨山峠を経由して寄(やどりき)に下りた。
雨山峠からの下りは、赤布、指導標はあるものの崩壊している箇所があったり、沢の右岸、左岸を何か所かで渡るので迷わないように注意が必要である。

鍋割山よりの富士山 雨山峠
鍋割山よりの富士山          雨山峠

9月21日(晴) 大倉(7:15)-二股(8:20)-[訓練所尾根~小丸]-鍋割山(10:25-10:45)-雨山峠(11:30)-寄(13:25)

(記:大竹)

西丹沢~ユーシン~塔ノ岳


【日程】2012年11月3日(土)
【場所】丹沢・石棚山稜~同角山稜~ユーシン~塔ノ岳~大倉尾根
【メンバー】大竹
丹沢・ユーシン、自分では「幽心」と言う字が思い浮かび、一度行ってみたかった場所である。実際には、小田原藩に関連する事柄から来ている名前らしい。昨年秋に新青崩隧道が開通したとはいえ、玄倉からだと3時間程の林道歩きとなる。それならと西丹沢から入り、同角山稜をユーシンに下り、再び塔ノ岳へ登り返えそうと計画した。日の長い夏にと思っていたが、今年の猛暑では気力が湧かず、11月になってしまった。

石棚山稜上の4つ目のピーク、テシロ沢の頭を過ぎたところが同角山稜への分岐である。ユーシンへ下る道は一応整備はされているが、この時期落ち葉で踏み跡が覆われ、2、3か所戻って確認したところがあった。
ユーシンロッジは思った通り奥深い静かな山の中にあった。前庭が広く開けているので暗さはない。交通はどうしているのだろうか、思ったより多くの登山者がいた。

同角山稜の分岐 同角の頭 ユーシンロッジ
同角山稜の分岐            同角の頭(1491m)          ユーシンロッジ

ここから林道に出て、玄倉川上流の方へ向かう。林道を終点まで行ったところの尊仏ノ土平で鍋割沢の広い河原を対岸に渡り、塔ノ岳への登山道に入る。攣りそうな足をだましだまし頂上に着いたのは4時過ぎであった。あと1時間程早ければ表尾根から蓑毛へも考えていたが、無理せず大倉尾根を下ることにする。堀山の家手前あたりからヘッドランプ下山となった。ほとんど日が射さず、立ち止まると寒い一日であった。

尊仏の土平 塔ノ岳の鹿 塔ノ岳
尊仏の土平・塔ノ岳への登り口   塔ノ岳山頂の鹿           塔ノ岳(1491m、同角の頭と同高度)

11月3日(曇) 箒沢公園橋(8:45)-石棚山(10:30)-同角山稜の分岐(11:05)-同角の頭(11:55)-ユーシンロッジ(13:30~13:45)-尊仏の土平(14:45)-塔ノ岳(16:20)-大倉(18:50)

(参考:BARIGOの腕時計の高度計機能での測定値より計算した登下降の標高差です)
標高差:箒沢公園橋(+950m)同角山稜の分岐(-690m)ユーシンロッジ(+750m)塔ノ岳(-1220m)大倉
距離:約21km

(記:大竹)

秋の富士山


【日程】2012年9月29日(土)
【場所】富士山・須走口五合目駐車場から頂上往復
【メンバー】川浦
【タイム】05:10駐車場~08:00八合目~09:50-10:55頂上~13:50駐車場


猛暑の夏も涼しくなった9月末に久しぶりの山歩き。健康診断で精密検査の指示を受け、予約と結果待ちと計画は雨で流れて夏シーズンは終わる。北アルプス縦走で壊れた靴の修理ができたので、体調確認で秋の富士山に出かける。満月の明かりが夜明けとなり、台風17号が近つく前の快晴の五合目の駐車場を出発。
8合目までは快調に歩いたが頂上までの残り400mは両膝の疲労でペースダウン。お鉢巡りも剣ヶ峰の途中まで歩くが、10時過ぎからガスと強風で急激に気温低下し、夏の手袋では両手が硬直。断念して往路に戻る。風は秋の感じさせる冷たさで、登山を諦める人もいる。午後この時間にまだ八合目当たりを昇る人は正しい判断である。
下りの須走りは走ることも滑ることもせず、一歩ずつ体重を移動させ、両膝に負担をかけないように歩く。
久しぶりの富士山は、想定していた以上に膝の疲労を感じ、中断による歩く力の低下と、継続した訓練の必要を十分に意識させられた。
この時季は登山者よりもキノコ採りの人が多いようで、登るだけの自分よりも富士山を身近な山にしている人たちは、山の楽しみかたが贅沢なようだ。

(記:川浦)

西丹沢一周完了


【日程】2012年6月15日(金)
【場所】西丹沢:畦ケ丸~犬越路
【メンバー】大竹
昨年、桧洞丸~犬越路で終わってしまった西丹沢の残り半周、畦ケ丸~犬越路を歩いてきた。暑くなる前に行こうと思っていたのに、今週末もまた雨の予報、来週末は別計画。それならと梅雨の中休みの平日に、前夜はクラブの集会で遅かったが、頑張って早起きした。さすが平日、すれ違ったのは全行程で4名だけだった。
本棚沢の分岐を見落として本棚を見損なったのが残念。
これで、丹沢主稜主脈丹沢三ツ峰、西丹沢一周と丹沢の主だった稜線は一通り歩いた。

西丹沢自然教室 下棚 畦ケ丸
西丹沢自然教室            下棚              畦ケ丸

白石峠 トウゴクミツバツツジ 大室山
白石峠                 トウゴクミツバツツジ(?)        大室山

6月15日(曇) 西丹沢自然教室(8:30)-下棚(9:00)-畦ケ丸(10:25)-白石峠(12:15)-加入道山(12:35)-大室山(13:55)-犬越路(15:00)-西丹沢自然教室(16:15)

(記:大竹)

谷川岳西黒尾根+アイスクライミングトレーニング


【日程】2012年3月3日(土)~3月4日(日)
【場所】3/3:谷川岳西黒尾根、3/4:N山岳会アイスクライミングゲレンデN氷滝
【メンバー】岡本、川浦、大竹、鳥羽瀬
岡本、川浦さんの友人O氏のお誘いで、彼の所属するN山岳会のアイスゲレンデでのトレーニングと、11月に入会した鳥羽瀬君の雪上訓練を組み合わせて計画、金曜日の夜小雨の中を川浦車で出発。午前2時頃到着、登山指導センターで仮眠する。

3日: ゆっくりと寝て7時過ぎに小雪が舞う中を出発。林道から鉄塔へ先行パーティのトレースを辿る。風で飛ばされる雪でところどころトレースが消えかかってはいるがほとんどラッセルはない。訓練のためワカンは持ってきたが雪はクラストしているので使用せず。ラクダの背手前の樹林帯でアイゼンを装着する。トレースがあり雪面も氷化はしていなので、鳥羽瀬君もアイゼンとピッケルだけ、ロープは着けないで登る。先行パーティに追いついたところでラッセルを交代。小雪が舞い視界が悪いため、ルート取りと雪庇に注意する。雪質にはあまり不安は感じない。尾根上岩が出ているところへ急登したところで、ベルニナ山岳会の鎌田、羽賀強力ペアが追いつき後はラッセルしてくれた。
道標ケルンからガスの切れ間に確認できた肩の小屋(西南西240度方向)に入り、中で30分程軽く食事をとり休憩する。ガスのためほとんど地形が確認できない状態であるが、ルートを覚えてもらうため天神尾根を下ることにする。道標ケルンまで戻り視界の効かない中を天神尾根へ入る(南東南150度方向)。少し下ると赤布が見つかり後は慎重にそれを追う。天神尾根上には数組のパーティが訓練で雪洞を掘っていた。スノーボード大会で賑やかなスキー場からはロープウェイで下った。
天神尾根の下降では南面右側へ派生する枝尾根、西黒尾根下降の場合は樹林帯に入ってから右側西黒沢への枝尾根に入らず太い木沿いに下りるよう注意すること。

樹林帯 雪面 肩の小屋

夜は、ベルニナ山岳会の2名と、昨夏、川浦さんのインドヒマラヤ遠征隊に参加した木村さん他3名のMSC(マウントスポーツクラブ)の方たちと、鍋を囲んで宴会で盛り上がった。センターの方が、8時の勤務時間終了まで休憩所の電気を付けてくれ感謝。

天神尾根下降 宴会

4日: 朝、コンビニでO氏と合流、彼の車の先導でN山岳会のアイスゲレンデN氷滝へ。車を降り10分ほど登ると到着。このところの雨と気温上昇で一部融けてはいるが、トレーニングには申し分ない氷である。4ラインほどトップロープを張っていただき、またハンドル付きの各種アイスアックスをお借りして、N山岳会の方々と一緒に練習した。個人的には、バーティカルに関してはまだまだであるが収穫の多いトレーニングであった。

滝全景 岡本 川浦
N氷滝             岡本さん         川浦さん
大竹 鳥羽瀬
大竹            鳥羽瀬君

3月3日(曇) 谷川岳登山指導センター(7:10)-鉄塔(7:40)-ラクダの背(9:40)-ざんげ岩(11:45)-道標ケルン経由肩の小屋(12:30~13:00)-[道標ケルン経由天神尾根下降]-熊穴沢避難小屋(14:10)-天神平ロープウェイ駅(15:10)
3月4日(晴) N山岳会アイスクライミングゲレンデN氷滝でトレーニング(9:30頃~15:00頃)

(追記) 帰路、大西君より嶌田君の谷川岳幽ノ沢での事故の連絡が入り、ヘリで搬送された日赤前橋病院へ回る。本人はICUで手術中であったが、新幹線で駆け付けていたご家族と会い様子を聞くことができた。本人は意識はあるということでひとまず安心した。

(記:大竹)

元気印の古川御大@鷹取山集会


【日程】2012年2月26日(日)
【場所】鷹取山
【メンバー】古川、岡本、伊藤、岩野、大西、新宮、鳥羽瀬、井上、上田(会友)
今日は、鷹取山の前浅間でトレーニング。古川さんが元気に参加されました。OB会代表代行の上田先輩も参加してくれました。
鷹取山集会20120226
(写真の上にカーソルを置くと名前が表示されます)

新人の鳥羽瀬君、井上君がダブルアックスの練習。大西さんが固定ロープの登りを最新器具で実践とみんな元気にトレーニング。ダブルアックスで登った壁をフリーでクライミング。伊藤さんの相変わらずの素晴らしいクライミングがみられました。新宮君が大学に寄ってきたので遅れて参加。ボルダームーブにチャレンジ。伊藤さんの厳しい指導で頑張るが前日の雨で岩が滑り難渋する。井上君もチャレンジ。
大西君 伊藤さん 新宮君

この後、前浅間のコの字に移動しさらにトレーニング。新宮君が給水タンクそばのボルダーに行くとのことでさらに移動。新宮、井上で交互にチャレンジ。16時過ぎに解散しました。
新宮井上君 井上君
(岡本記)

Home > その他の山行

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。