Home > 2009年08月

2009年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント (受け付けない): -
  • トラックバック(受け付けない): -

丹沢主稜縦走:桧洞丸~塔ノ岳


【日程】2009年8月29日(土)
【場所】丹沢・主稜縦走
【メンバー】大竹
大竹です。8/29(土)、少し涼しくなったし、まだ日も長いので長い距離を歩こうと出かけました。
西丹沢自然教室から桧洞丸に登り、蛭ガ岳、丹沢山、塔ノ岳まで歩き大倉へ下りる丹沢主稜縦走21km程のコース、ガイドブックでのコースタイムは約10時間です。
結果は、蛭ガ岳の登り辺りから足がつり始め文字通り「七転八倒」での歩きとなり、そのツケで大倉尾根は花立山荘の下あたりからヘッドランプでの下山。大倉バス停に着いたのは夜の8時40分、2分遅れで最終バスに間に合わずタクシーで渋沢に出ました。約12時間の不甲斐ないタイムでした。
桧洞丸 蛭ガ岳
(桧洞丸 1601m)           (蛭ガ岳(丹沢の最高峰) 1673m)

つった足には蛭ガ岳から丹沢山までが遠かったです。
丹沢山 塔ノ岳
(丹沢山 1567m)           (塔ノ岳 1491m)

その代わりと言っては何ですが、ケーブルが青い電球で飾られた、山岳スポーツセンターへ渡る「風の吊り橋」の夜景を見ることができました。(実際の夜景は写真よりずっときれいでした)
風の吊り橋の夜景2
(風の吊り橋の夜景)

8/29(土)(晴) 西丹沢自然教室(8:50)-桧洞丸(11:10)-蛭ガ岳(14:50)-丹沢山(16:50)-塔ノ岳(17:55)-大倉バス停(20:40)
追記:足がつるのは体質なのか?、準備運動不足なのか? 登りでも息は上がらないのに、足がつって動かない、情けなかったです。

丹沢玄倉川小川谷廊下


【日程】2009年8月9日(日)
【場所】丹沢・小川谷廊下
【メンバー】大西、大竹、他2名
大竹です。8/9(日)、小川谷廊下の沢登りに行ってきました。
メンバーは、大西君、大西君の義弟の藤吉さん、大西君のヒマラヤ仲間の佐々木さんと私の4名。
新松田駅でピックアップしてもらい小川谷へ。車が多く、結局林道横の、沢への降り口の狭いスペースへ駐車。

急な踏み跡を沢まで下り入渓、このところの雨で水量が多い。人気の小川谷、チョックストーンのF2は大人数の先行パーティのため右側を行くが水の勢いで落とされそう。
チョクストーンのF2  丸木を渡る
(F2、手ぶれですみません)      (滑りそうな丸木を渡り釜を越える佐々木さん)

各自好き好きに沢を詰めました。意外とフリクションが効くのでクライミング感覚で登れます。淵から取り付くところは胸近くまで水の来る滝もありました。でも水はそれほど冷たくない。
これがうわさのツルツルの大岩です。先行パーティがいたので我々は大岩の右側から行きましたが、若干かぶり気味でのシャワークライムでテクニックを要します。
ツルツルの大岩  壊れた堰堤
(ツルツルの大岩)            (遺跡然とした左側が壊れた堰堤)
古代の遺跡然と立ちふさがる左側が壊れた堰堤を抜けると開けた川原に出て終了です。

終了点の川原で休憩
(左:大西君、右:佐々木さん、背中:藤吉さん)
ここで軽く食事をし、部分的に崩壊した踏み跡を辿り林道に合流し車へ戻りました。

駐車地点(10:15)--壊れた堰堤(11:55)--川原で休憩後出発(12:15)--駐車地点(13:15)
天気は曇りですが暖かかったです。多くの滝のあるゴルジュ帯、楽しい沢登りでした。
(写真をクリックすると拡大します)

小川山 親指・弟・兄


【日程】2009年7月19日(日)
【場所】小川山・西股沢対岸
【メンバー】嶌田、長野、山下
7月19日(日)小川山に行って来ました。参加者は嶌田、長野、山下の3名。
18日(土)夕方、横浜駅東口出発。
須玉で下りて、途中のファミレス、バーミヤンで夕食&山談議。少々話が長くなってしまい、
廻り目平に23時30分頃。 マイナスイオンが気持ち良いですね~。
テントを張り、久しぶりのテント生活に嬉しさがこみあげてくる。
途中で買ったお酒とおつまみで、キャンプファイヤ~。@ガスコンロ。明日は岩場でファイヤ~。(笑)
寝たのは1時30分頃。 長野さんはもっと起きていた様子。
遅くまで話していたので周りに迷惑だったかな~。
私は4時30分起床。既に長野さんは起きており、シュラフを収納している。
早いけど私も起きて一緒に朝食をとる。
トイレに行って帰ってきたら、嶌田さんも起きて朝食。
「マルチもイイけど、やっぱりクレイジージャムはやってみたいね~」
今から早いとこ親指岩に行って登ってしまおう。ということで、朝食中の嶌田さんに断り、
長野さんと二人で早速岩場へ。約5時 20分出発。
【小川山レイバック1ピッチ目 5.9+】
1本目は【小川山レイバック5.9+】。6:00、準備していると後から次々に人が並びだし、行列ができる。早く来て良かった。「あと10分遅れていたら待ちだったよ~。」
「あれっ、長野さんではないですか?」有名所は違いますね~。
1ピッチ目リードオンサイト。右レイバック途中のスタンスでレストできる。あのスタンスが無ければ
★が1個追加とか。ジョジョに幅が広くなっていく。2番は2個使用。
1ピッチ目を登り終えた時、6時30分の目覚ましアラームが鳴っていた。
【小川山レイバック2ピッチ目5.9】
2ピッチ目もリード。だが、途中で支点があり、一旦ピッチをきる。そこからは長野さんがリード。
こんな所でジムみたいなトラバース。頂上でしばし佇み、長話し。○○○の曲が頭から離れないとか!
7:00。ジャムにトップロープをはり、嶌田さんも合流。
荷物を取りに回ったり、雑談した後、いよいよクレイジージャム。
【クレイジージャム 10d】
私が1人目、なんとか一撃で行けてしまう。過去に他人の登りやユージ氏のDVを観ていたので
オンサイトとは言えないですね。8:18。
スタートはハング気味で、両手をジャミングでキメながらレイバック。手を上げて、垂直になった所は
少し狭く、フィンガーで直ぐ消耗するので、急いで足を上げ、フレアしはじめるところにデッド気味で
キメにいく。なるべく上の方が良く決まる。
右フレアしたところにくるとハンドになり良くキマる、足をジャミング。フレアしたところに足が来ると
右フレアードチムニーで、奥に入り込み、ハンドジャムにTスタック。
頭がつかえてくると外に出なくてはならず、傾斜がきつくなる。
右足を右壁へ、スメアリングで、左壁の淵をだましだましずり上がり、ガバをとれば一安心。
マントリングでガバに上がれば、大レストできる。そこからはクラック沿いに右上。
レストしながら右上していくと、アンダーフレークがありホールドが無くなる。
クラックは横に上下2本に別れ、上が出っ張り、下にフレアしていて使えない。
下のクラックに足を入れ、上のクラック沿いアンダーフレークを掴んで、
右膝辺りにある小さなボッチに右足を上げ、体を上げる。(バランス悪く力がいる。)
クラックの出前持ちやらでボッチに左足を置き替え、右足は右外のカチに。大股になり、
手をかかる所に移動して、手を伸ばして、右上のエッジを掴めば後は楽。
二人目、嶌田さんも2~3テンで完登。朝一から(アップで)ジャムとはクレイジーな!(笑)
上級のリハビリコースの始まりであった。ヒール&ニーはNice。8:30。
ラストは長野さん。スピードの練習か?という速さで一撃。20年ぶりだとか。

弟岩へ移動する。
途中、自販機で缶ジュースならぬ自然に優しい紙パックのジュースを買い、
飲み干したのは言う間でもない。(笑)
弟岩は西面、小川山劇場。ALPINEに近い雰囲気の3ピッチである。下部もつなげた方が面白いと、
右のルート【もうじきバカボン10d】を登って劇場を登る。左の方「下積み生活」が
グレードが低くなっているのだが、右の方も簡単に見えた。これは登れる。
【もうじきバカボン10d】
スタート付近が核心かな10:15。オンサイト。
【小川山劇場1ピッチ目5.9】
ハング乗越、アンダーのガバでレスト。ボルトの位置がマニアック。立木でビレイ。10:43。
【小川山劇場2ピッチ目10d】
少々ルートがわかりずらいかな。きれいなコーナーラックが眩しい。ビレイヤーは落石注意!11:20、
あっちか?こっちか?と時間はかかったがオンサイト。結局右のカンテを使った。
フェース限定は難しいでしょう。少なくても10dではない。ココもボルトの位置がマニアック。
壁から這上がるマントリング部は小石が多く落石に注意。ヘルメットを考えても良いルートかもしれない。
ALPINEの練習に良いルート。ガレ場をソーッと上がり、スリング付きの太い立木でビレイ。
【小川山劇場3ピッチ目5.9】
左のチムニー、右のカンテにハンガーが1つある。(ランニングを取るのが寄り道になる。)
凹角チムニーを上がれば傾斜は緩くなる。そこにもハンガーがあった。
肩に上がってからもまだ上があり、ピナクル尖端まで。懸垂点がある。
懸垂した時、北面の綺麗なクラックに長野さんが虜になる。
【ジョイフルジャム5.8】
山下、トップロープでオンサイト。スタートは垂直で足までジャミング。上部は傾斜が緩くなり、
スタンスも豊富。長野さんは私の登りを観て簡単そうだと、スタートの垂直の途中から
(隣の大岩の上から跨いで取付き) フリーソロ。嶌田さんも一撃。
【春の雨上がり5.9】
東面にもイイのがないかなと右端にクラックがあった。【春の雨上がり5.9】リードオンサイト。二人も一撃。
もう一本登れないかなと左側の【詳細不明のルート】があり、リードでトライ。
【詳細不明のルート】
下部は石が積み重なって詰まっていてソーッとクライムダウンして取り付く。中間でホールドが少なく、
右のカンテを周りこみ、側面の左上クラックを使って完登する。正規ルートからは外れている。
トップロープをセットして長野さん正規に完登。「10Cかな。」
嶌田さん「10aだよ。まぁリードの気持ちは分かるけど。」
再トライして私も完登。 腹減った~、と西面荷物場に戻り、昼食。


昼食後、兄岩へ移動。
八王子ルートをと探していると同じ八王子を狙っているパーティが。お先にどうぞと、先に譲る、
【八王子ルート1ピッチ目5.9】
約90°オープンブックの綺麗なクラックだ、
小川山レイバックの逆バージョンかなと思いきやレイバックではなく、ハンド。
いきなり黄色2番を2つとも使ってしまい、赤1番も使い、上の方でどないしよー。と悩んだが、
ちょうど3番がギリギリ入る幅があった。一旦斜めにしながら上から押し下げるような感じで入れて、
奥で水平にセットする。あれは回収に苦労したであろう。
途中スタンスがある。バンドがあり立木でビレイ。15:30
【八王子ルート2ピッチ目5.9】スタートに40㍑ザックサイズの大岩が、たてかかった状態になっている。触るとカタカタ音をたてるほどだ。
チョイ上がった所は、以外とクラックも浅く狭い。
0. 4がセットできるが、浅いし、衝撃荷重には耐えられるかどうか、その下にもう一つカムをセット。
フレンズの0.5赤。もう少し上がればキャメロットの1番、赤が効く。その次は左に縦リスが走っていて
ハーケンが一つある。もしくはもう少し上がるとクラックの幅が大きくなって2番を使える。
そこからガバなのだが、間隔が遠く、ハイステップやらが続き、垂直で腕力を要す。
本日は結構登っているので、バンプしてきたのか、どうも踏ん切りがつかなく、ガバから離れられない。
「そのまま下りてイイよ。休憩した方がイイよ」との声に敗退を期する。「すぐソコは登れるんだけどな~。
登ってすぐレストポイントがあるかどうか?」
リードを長野さんに交代し、私はミッテルで登る。
左のテラスにトラバースする所も結構面白い。良いルートだ。テラスの立木でビレイ。16:15
この時間だと、辺りは人影なく、快適である。 一応もう一段上(肩)までルートがある。
【八王子ルート3ピッチ目5.7】
傾斜の緩いチムニーはランニング無しで。16:52
「金太郎」の終了点にてビレイしたので、嶌田さんは【金太郎5.9】長野さんは【もみじ5.10a】を
登って上がってきた。どちらもクラックで、上部は合流して、かぶり気味のフェースになる。
【金太郎5.9】【もみじ5.10a】【ウォーリーをさがせ5.11a】の上半
私もトップロープで、【もみじ5.10a】を登る。カンテ状にあるクラックでスタートが垂直。
ちょっとかぶり気味だったような。そこを手も足もジャムで。
続けて【金太郎5.9】も登る。合流してからは同じなので、
その右のルート、【ウォーリーをさがせ5.11a】の上半を登る。さすがに11a。
あれよというまに指が消耗してパンプしてしまった。カチでの手に足ムーブ。
我慢できず2テンでやっと終了点まで。
それを見て長野さんは気に入ったようで、黄色い花崗岩・・・と車の中で話題に出していた。
いやー。今日は登ったな~。と裏から回って下りる途中、長野さんが北面、【ガンバレ熊さん5.10b】
のルートを見て「良さそうだね、山ちゃん。これも登る?」「マジっすか?」さっきのでパンパンなんですけど。
まぁ駄目元でトライするのも悪くないと1番目にトライ。
【ガンバレ熊さん5.10b】
案の条、ピン一つ目のクリップ手前のカチで敗退。大急ぎでクライムダウンしてなんとか、ゆっくり着地に成功。(笑)。
しばらく休めないと。二人目。リードを長野さんに交代。左のコーナーを巧みに使い、オンサイト。
登りを見て私もと、トップロープでトライ。なんとか粘り、二回目ノーテン完登。
カチから左上気味に右足のハイステップ。1つ目のピンの後、左のコーナーへトラバースし、
少し上がってまた右のフェースへ戻る。長野さんはコーナー沿いに行ったかな。
私はコーナ―の左側レッジを持ち右壁を蹴ってレイバック。
ラストは嶌田さんもノーテン完登。嶌田さんはコーナーから離れて右のフェースを直上。17:38
10Cかな!と話していて、トポで調べると10bであった。「ガンバレ熊さん」
撤収・帰路
テント場に戻り、テント撤収。車に積んで入場料を精算する頃は19時ギリであった。
(朝4時~19時まで日帰り1日300円。)1泊は二日分と100円増しで700円/人。
夕食は途中のバーミヤンは混んでいて、ガストへ。3人共ステーキ。
長野さん宅周辺に着いた頃は0時過ぎており、電車が無く、自宅まで送迎。
もちろん嶌田宅へも1:00。自分の寮へは2:30頃。
談合坂渋滞から嶌田宅まで、ずっと嶌田さんが運転して下さったので、その間寝る事ができ、
翌日も普通に出勤できた。ありがとうございました。
  なんと一日で、延べ(詳細不明を二回)で合計17ピッチを登る事ができ、良い経験になりました。
  またこれからも良い山行ができればと思います。

記 山下

Home > 2009年08月

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。