Home > 2010年09月

2010年09月

穂高・北穂東稜~滝谷ドーム中央稜


【日程】2010年9月18日(土)~20日(月)
【場所】穂高・北穂東稜~滝谷ドーム中央稜
【メンバー】山下、大竹
計画:穂高涸沢をベースに、北穂東稜~滝谷ドーム中央稜を登り、下山は当初は奥穂、前穂を登って岳沢を考えていたが、歩いたことのない、5・6のコル~奥又白池~中畠新道を第一候補とした。

9月18日
実に30年以上ぶりの涸沢、3日間とも好天の予報、胸が高鳴る。
前夜10時、山下車にピックアップしてもらい沢渡着、仮眠後タクシーの相乗りで上高地へ。
朝食後登山届けを出して出発。さすが三連休だけあり入山者が多い。横尾までは単調な歩き。奥又白の上部に若干雪渓が残っている。横尾から見る屏風岩も昔と変わらない。
横尾からの屏風岩
(横尾からの屏風岩)

本谷橋までは快調、これなら涸沢にはお昼前に着くかなと思ったら、案の定(?)ここからの登りでふくらはぎが攣り始め失速。明日の登攀に影響が出ないようペースダウンし、休み休み登る。涸沢着は1時少し前であった。
早速、設営の受付をしフレーム付きのツェルトを張り、暖かい飲料を十分補給する。連休・好天で涸沢のテントの数は優に100を超えていそう。ただヘルメットを持ったクライマーの数は少なく何だか寂しい。
明日の登攀を考え、早めに夕食をして、7時に就寝。

9月19日
3時に起床、朝食を済ませ、ヘッドランプを点けて4:30に出発する。まだ多くのテントは起き始めたところ。東稜への分岐点まで南稜を登る。5時過ぎには明るくなり、ライトを消す。1時間ほど登ると、東稜へトラバースする鎖場の分岐点へ着く。ガラ場の所で4人パーティがハーネスを着け準備中、どうやら我々は2番目らしい。ゴジラの背からの懸垂下降があるので、一応ハーネスを着ける。
北穂東稜
(北穂東稜全景)

北穂沢のガラ場をトラバースし、写真一番右のガレたルンゼを詰め、踏み跡をたどり東稜に出る。東稜は概ね岩稜沿いに登る。ゴジラの背の手前で、先行パーティは横尾側の巻き道へ下りて行き、背びれの付け根辺りを登っている。こちらは背通しに進む。背の終わる所(始まりなのかな?)で先行パーティが懸垂している。クライムダウン出来そうだが懸垂中なので、少し先のもう1ヶ所の捨て縄のあるところからクライムダウンして大コルに降りた。すぐ上には北穂小屋が見えるが、30分程かかり7:30に小屋着。結局、ロープは使用しなかった。

小屋にはドーム中央稜への取り付きへの説明があったので再確認する。小屋のテラスで30分ほど休憩し、縦走路を辿る。ドームを過ぎた鎖場から右側へ下りて行く踏み跡に入る。岩溝状を下りリッジに出ると中央稜1p目終了点に人がいる。と、言うことは懸垂するT1はもっと下のはず。懸垂下降点を探して少し迷うが、更に踏み跡を下り、捨て縄のセットされたT1着。25m一杯懸垂し、踏み跡を登り返して取り付きに到着。ガ~ン、先ほどのパーティの後ろに、何と2名と3名の2パーティが。
ほとんど風はないが日が当たらないので雨具の上を着て、順番待ち。先行の関西(?)の5名は、穂高岳山荘をベースにしているとのこと。

3名パーティのラストが出てから、1p目を大竹トップで登攀開始。上部のチムニーはバックアンドフットで抜ける。2p目、山下君リードでリッジから左にカンテへ出、傾斜の落ちたテラスへ。ここから上部ピッチの凹角取り付きまではコンテで登る。
3p目、大竹リードで凹状右側のクラックからかぶり気味のチムニー状を越える。最終pは山下君が、凹角から上部を左へ抜けて終了。どのピッチも25m~35mで、「チャレンジ!アルパインクライミング」のトポより短いと思う。

滝谷ドーム中央稜1p 滝谷ドーム中央稜3p 4p目をリードする山下
(1p目をリードする大竹)  (3p目チムニーをリードする大竹)  (4p目をリードする山下君)

ここでハーネスをはずし、パッキング。少し行動食を食べ13:20出発。踏み跡を辿り縦走路に合流。この時間では奥穂往復は無理だが、穂高岳山荘まで縦走し、ザイテングラートを下ることにする。多人数のパーティはいないので、ペースは上がらないながらも適宜抜かせてもらい、登山者のあふれる穂高岳山荘着。あとはザイテングラートの下りのみ。涸沢テント着まで12時間行動で、さすがに歩きでがあった。

9月20日
夜中3時ごろ、ポツッ..ポツッ..。ん、冗談だろっと思っていると、ポツポツポツと本格的に降り出した。5・6のコルを越えて奥又白池へと思っていたが、池に映る4峰や前穂の東壁が見れないなら、横尾周りで下山と決め雨が止むのを祈り6時まで寝ることにする。

そのうち小降りになってきたので簡単な朝食を済ませパッキング準備。7時半過ぎには雨が止み、ガスはかかっているが屏風の頭の方も見えてきたのでツェルトをたたみヒュッテでトイレ、さあ下山。見るとパノラマ新道の方へも人が。ヨシッ、来た所と同じじゃつまらないからとパノラマ新道へ変更、出発。
最低コルまで頑張ると下には梓川が見え、後は下りだけ。途中、松高ルンゼ、奥又白上部に残る雪渓がガスの切れ間に見えた。ここは宿題。林道に出てからは、梓川右岸の林道をそのまま上高地まで歩いた。左岸の道に比べて平坦で広く歩きやすかった。

9月18日(晴) 上高地(6:40)-明神(7:20)-徳沢(8:05)-横尾(9:00)-本谷橋(10:15)-涸沢(12:50)
9月19日(晴) 涸沢(4:30)-南稜上の東稜への分岐点(5:30-5:50)-大コル(ゴジラの背終了点)(7:00)-北穂(7:30-8:00)-ドーム中央稜取付(9:15)-登攀開始(10:15)-登攀終了点(12:45-13:20)-涸沢岳(14:50)-穂高岳山荘(15:10)-涸沢(16:40)
9月20日(雨後曇) 涸沢(8:20)-北尾根最低コル(9:10)-パノラマ新道・中畠新道分岐手前の涸れ沢(10:20)-明神橋(12:05)-上高地(13:10)

(感想)
本当に久しぶりの穂高・涸沢だったが、そんなに長いこと来ていなかった感じはしなかった。ただ、横尾や本谷の橋が架け替わっていたのや、涸沢ヒュッテを始め各小屋がテラスをそなえ瀟洒になっているのに驚いた。涸沢テント場もヒュッテの水場やトイレが使えるようになり、またゴミの持ち帰りがマナー化してきれいになったのは非常に良いことだ。
クライマーの姿が少ないのはやはり寂しい。滝谷はドーム中央稜の他は第四尾根を登っているパーティだけのようだった。D沢の方で大きな岩雪崩の音が響き、さすが滝谷だなと思わせた。
(記:大竹)

Home > 2010年09月

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ