Home > 2010年11月

2010年11月

城ガ崎短信


【日程】2010年11月14日(日)
【場所】城ガ崎・日蓮崎
【メンバー】根岸、長野
先週の明星山P6南壁に初見参で「フリー・スピリッツルート」をオンサイト登攀した根岸氏と僅かな時間を工面し日蓮崎へ。
シンハンド前傾クラックの☆☆☆ルート、インディアンドール(5・10d)をお互いにさっと登って帰途に就きました。ある目標に向かい慎重にトレーニング中の根岸氏、エンジンのふけ上がりは上々の模様。自分はと言えば、ジムでのボルダリングで遊んだりして。相変わらずだ。(長野)

丹沢三ツ峰~塔ノ岳~鍋割山~栗木ノ洞~寄(やどろぎ)縦走


【日程】2010年11月13日(土)
【場所】丹沢・三ツ峰尾根~鍋割山~栗木ノ洞~寄
【メンバー】大竹
大竹です。丹沢三ツ峰尾根は悪名高きヒルの巣窟。どうせ歩くなら鍋割山、栗木ノ洞を越えて、寄(やどろぎ)まで歩きたい。距離は約21km、ガイドブックのコースタイムは10時間。しかしヒルのおとなしくなる季節は日が短い。本厚木発の宮ヶ瀬行きが三叉路バス停に着くのは7:35。普通に歩いたのでは、ヘッドランプのお世話になってしまう。極力休まずに歩くこととした。

三叉路バス停で降りたのは、私の他に単独の男性3名と女性の2人組。歩きながら水分、食料を補給できるようにザックにセット。カメラもケースをザックに固定していつでも撮れるようにして出発。

登山口にヒル避けのスプレイがあったが出なかった。もっともこのところ気温が下がり、雨も降ってないのでヒルはいそうもない。登山道は落ち葉で覆われた樹林帯をひたすら登って行く。三ツ峰の前にも小さなピークがいくつかあり上り下りを繰り返すが、それほどの急登はない。三ツ峰は、本間ノ頭(1345m)、円山木ノ頭(1360m)、太礼ノ頭(1352m)の三つのピークを指している。三叉路の標高が高度計で307mだったので1000mの登りだ。

本間ノ頭 円山木ノ頭 太礼ノ頭
本間ノ頭                円山木ノ頭               太礼ノ頭

太礼ノ頭の次に瀬戸沢ノ頭があり、尾根最後の登りを頑張って丹沢山に到着。ここも休まず、塔ノ岳へ向かう。ここからは主稜縦走や主脈縦走で歩いているのでおなじみ。塔ノ岳は相変わらずの人気で人があふれている。富士山は雪化粧しているが、真っ白というには程遠い。ここで初めてザックを置いて休み、昼食をとる。雲が多く陽が射さないのでじっとしていると肌寒くなってくる。

丹沢山 塔ノ岳 鍋割山
丹沢山                 塔ノ岳                  鍋割山

ここから鍋割山へ向かう。大倉尾根への道を分けると人が減る。大丸、小丸を越え鍋割山着。結構人がいて、名物の鍋焼きうどんを食べている人もいる。後沢乗越から直進、栗木ノ洞の登りに入るがマイナーなルートなので少し道が荒れている。それでも何人かはこちらへ下る人も歩いている。一度林道を横切って再び樹林帯の道を歩き、鹿柵のゲートをくぐり茶畑に出る。

茶畑

ここで左の土佐原集落の方へ下りたが、寄バス停まで道がクネクネと長かった。帰宅後インターネットで調べると、右の宇津茂集落の方へ下りた方が良かったみたい。

11/13(土)(曇時々晴) 宮ヶ瀬(三叉路)バス停(7:45)-本間ノ頭(10:05)-円山木ノ頭(10:25)-太礼ノ頭(10:45)-丹沢山(11:25)-塔ノ岳(12:15-12:30)-鍋割山(13:20)-後沢乗越(13:50)-栗木ノ洞(14:20)-寄バス停(15:20)

(備考)全行程7時間35分、ザックを下ろして休んだのは塔ノ岳での昼食の15分だけ。あとは歩き通しであったが、疲労は感じなかった。

越沢岩登りトレーニング


【日程】2010年11月7日(日)晴
【場所】奥多摩・越沢
【メンバー】大西、大竹
7P登攀。左ルート~弓形クラック~(ラペル20m)~2スラ~(ラペル50m)~右の凹角~一般左ルート~(ラペル50m)~右端のかぶり気味のルート~一般右(滑り台)ルート~(ラペル50m)
大竹は、一般左ルート、右端のかぶり気味のルートは(多分)初めて。2スラは直登をリード。満腹して14時に終了とした。大西君は、もう少し登りたかった様子。次は頑張ります。目標、1スラ2Pと鋸を追加して計10P。

日が短くなってきたので、若干早出。立川発7:32の奥多摩行き直通電車で鳩の巣着8:45。他に4人パーティがいただけで殆ど貸し切り状態。岩が乾いていて快適だった。
(記:大竹)

Home > 2010年11月

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ