Home > 2011年05月

2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント (受け付けない): -
  • トラックバック(受け付けない): -

西丹沢半周


【日程】2011年5月21日(土)
【場所】西丹沢:桧洞丸~犬越路
【メンバー】大竹
大竹です。大西君と穂高岳ジャンダルム飛騨尾根を計画していたが、GW後の大雨でリッジ上の雪はほとんど融けてしまったよう。雪や氷がなければ登攀の面白さも半減と来季に期すこととする。代わりに一人で、まだ歩いていない西丹沢の桧洞丸から畦ガ丸を一周(約22km、コースタイム:11時間35分)することにした。結果は...途中でまたもや足の攣りに襲われ、犬越路から用木沢を下り半周に終わってしまった。(-_-)

桧洞丸はそろそろツツジのシーズン、臨時の増発便に乗り箒沢公園橋で下車する。ここから板小屋沢ノ頭までの急登、石棚山稜をたどっての桧洞丸へは良いペースで登れたが、思ったより長かった。しかし、ここから熊笹ノ峰に下るあたりから足が攣りだし、休みをまじえてだましだましの歩きとなる。

箒沢公園橋 石棚山 桧洞丸
箒沢公園橋              石棚山                 桧洞丸

犬越路
犬越路

犬越路に着いたのは13時過ぎ。西丹沢自然教室からの最終バスは18:58、無理して先へ進むとバスに間に合わない可能性も。結局、犬越路から用木沢へ下りることとした。残りの半周、犬越路から畦ケ丸の稜線は次回の宿題として残った。

5/21(土)(晴) 箒沢公園橋(8:20)-石棚山(1351m、10:00)-桧洞丸(1601m、11:05-11:20)-犬越路(13:10-13:20)-西丹沢自然教室(14:30)

Ueli Steck - The Swiss Machine

アルプス三大北壁などでスピード登攀を実践しているUeli Steckのビデオクリップです。


ヒマラヤ8000m峰も登っています。今年の4月に5306mのBCから単独でShisha Pangma(8013m?)頂上往復を20時間で成し遂げています。その18日後にはCho Oyu(8201m)にパートナーのDon Bowieと登頂。この後登山許可が取れればチベット側からEverestを目指すようです。2009年には、GasherbrumII(8035m)とMakalu(8463m)に登頂しています。
Ueli Steck -PROJECT HIMALAYA-
Ueli Steck - Welcome to Ueli's website
(2011/5/24追記) Everestは、低温のため足指の凍傷を危惧し8700mで断念したようです。
(2011/5/30追記) 予報に反し天気は悪かったが、5/21、23時過ぎに7700mのc2を出発。パートナーのDon Bowieは8000mで断念。Steckは順調に8700mの第三ステップまで登ったが、無酸素補給のため低温による足指の感覚麻痺が戻らず、凍傷を危惧して登頂を断念。下降を開始、9時にc2、そのままABC(6400m?)まで下山した。


(ブログ管理者)

Home > 2011年05月

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。