Home > 2012年05月

2012年05月

リベンジ穂高岳沢コブ尾根、のはずが...


【日程】2012年5月19日(土)
【場所】穂高岳沢コブ尾根雪崩撤退
【メンバー】大西、大竹
先週登り損ねたコブ尾根が目の上のコブとなり、目くじらを立てる程でもないと思いつつも、再度出かけることにする。今週末は移動高に覆われ天気はOK。登攀具と軽いツェルトのみのワンデイで楽勝と出かけたが、想定外の...

釜トンのゲートオープンを待って抜けた目に飛び込んできたのは真っ白な焼岳、えっ!! 岳沢小屋の人に聞くと、昨日は1日中雪、小屋の辺りで10cm程、上じゃ20~30cmほど積もったんじゃないかな。今日は気温が上がるから9時ごろから雪崩が出始めると思うよ、と。思わず大西君と顔を見合わせる。見上げると既にあちこちの沢に小さな雪崩の跡。

一応偵察でもとコブ沢に入る。新雪のデブリもあり、踝上ほどもぐる。枝沢入口のインゼル状の岩で一休み。本沢の方に寄って、先週登ったルートを目で追う。と、上部で雪崩発生。ホッホ、来た来たと笑っていたら、瞬く間に雪の量が膨れ上がって来た。ヤバッ、インゼルを飛び越えてきそう。岩の陰に身を伏せた途端雪が上を越えて行く。体の上にも降りかかってくる。コブ尾根に上がる枝沢にも陽が当たっているのでは下るしかない。あ~ぁ、何やってんだか。

忘れていたセオリー:5月の山はヨーロッパアルプスと一緒で夜半に登り始めること(大西)

岳沢0519 岳沢0513 奥穂南稜
岳沢5月19日              岳沢5月13日             奥穂南稜(大滝下に今朝のデブリ)

5月19日(快晴) 上高地(5:25)-岳沢小屋(7:30、コブ尾根へ出発(8:10))-コブ尾根への枝沢出合のインゼル(9:00、雪崩撤退)-岳沢小屋(9:20--10:40)-上高地(12:05)

参考:岳沢小屋スタッフブログ5月19日の記事、 同5月21日コブ尾根の記事
    山下勝弘ガイド 岳沢コブ尾根

(記:大竹)

穂高岳沢コブ尾根、のはずが...


【日程】2012年5月12日(土)~5月13日(日)
【場所】穂高岳沢コブ沢左俣~畳岩尾根上部
【メンバー】大西、大竹
連休後半5/3~5/6に、ジャンダルム飛騨尾根~岳沢コブ尾根、または奥穂南稜を計画したが、天気予報がだんだん悪化。出発をずらして岳沢のみに絞り込んだ計画も結局中止、家から離陸できずじまいの最悪な連休となった。今週末仕切り直しで岳沢コブ尾根を目指したが...

岳沢小屋のテントサイトに不要な荷物をデポし、登攀具とツェルト、コンロだけ持って出発。コブ沢に入ったが、ガスで視界が悪くコブ尾根に上がる枝沢の雪渓が分からない。登り過ぎには気づいても、視界が効かず右側の状態がつかめない。しょうがないのでそのまま本沢の急な雪渓を詰め、ガスの切れ間から見える左側の畳岩尾根のコルを目指す。このころガスが薄くなった時に、右下の方にコブ尾根上の小さなギャップが見え隠れする。しかし尾根へ出る雪渓がどこなのかは判然としない。
結局、コブ沢の左俣を詰め畳岩尾根のコルへ出る。ここでロープを結び、雪壁をトラバースして天狗沢の雪渓へ降りようとしたが、ロープ1本なので這い松とスラブで無理。コルへ戻り、岩稜を10m程登り、その上の雪壁へと2p伸ばす。そこから雪渓が天狗沢まで下りているのが確認できたので、ここを下降(畳岩中央ルンゼと言うらしい)して岳沢小屋へ戻った。

コブ沢左俣 畳岩尾根上部
コブ沢左俣(左)と畳岩尾根上部(右) (2枚とも5/13早朝撮影 写真の上にカーソルを置くとルートが表示されます)

コブ尾根取付
コブ尾根へ上がる枝沢の雪渓(下降後5/12撮影 写真の上にカーソルを置くとルートが表示されます)

翌13日は朝から快晴。再度コブ尾根を考えたが、いまいちエンジンがかからず絶好の登攀日和の中、岳沢の概念を頭に刻みながら下山した。
入山日は岳沢テントサイトでゆっくり休み、2日目に登れば良かったと思うも後の祭り。実は、1日目にコブ尾根を登れれば、2日目に奥穂南稜をなどと考えていたのが欲張りだったか。う~ん、何やってんだか。

河童橋より
河童橋よりの岳沢(写真の上にカーソルを置くと名前が表示されます)

5月12日(小雪、曇) 上高地(6:50)-岳沢小屋(9:10、コブ尾根へ出発(9:50))-[コブ沢左俣]-畳岩尾根上のコル(14:15)-[雪渓トラバースし下降トライ、畳岩尾根2p登攀]-雪渓下降開始(16:00)-岳沢(17:20)
5月13日(快晴)岳沢小屋(6:20)-上高地(8:10)

初日、沢渡でタクシーの相乗りをリクルートしていたら、龍鳳の川原氏パーティにばったり。上高地の食堂で一緒に朝食後、彼らは明神東稜へと出発。絶好のクライミングだったんだろうな~。

参考:岳沢小屋スタッフブログ5月28日の畳岩尾根の記事 (我々が登ったのは赤線よりもう1本右の雪渓を登り、三角形の岩壁の底辺左端に出るルートです)

(記:大竹)

Home > 2012年05月

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ