Home > 2013年12月

2013年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント (受け付けない): -
  • トラックバック(受け付けない): -

二子山中央稜


【日程】2013年12月6日(金)
【場所】二子山中央稜
【メンバー】谷垣、大竹
早朝発日帰りで、二子山中央稜に行ってきました。前週の越沢バットレスと今回と楽しいクライミングができました。

ネットの情報のおかげで迷わずに取付に到着。私から始めつるべで登る。1p、2p目は短く切り、核心部の3p目は凹角の上部でカムをきめフリーで抜ける。大テラスからはロープをいっぱい伸ばし2pで頂上へ。落ち葉で若干分りにくい上級登山コースを下って駐車場に戻った。他にパーティはおらず、岩は少し冷たかったが静かなクライミングを楽しめました。
二子山1 二子山
2p目                      最終ピッチより見下ろす

二子山2
核心ピッチをリードで登る

12月6日(晴) [相模大野駅発(6:15)]-北面登山口駐車場(9:45)-中央稜取付(10:10)-登攀開始(10:30)-登攀終了(12:40)-頂上出発(13:00)-北面登山口駐車場(13:20)-[相模大野駅着(17:00)]
参考サイト:二子山西岳Ⅰ峰中央稜

(記:谷垣)

クレバス落下者の確保

クレバスへの落下者の確保練習のビデオです。
確保者は落下を予測して身構えていますが、皆、アッという間に引き込まれバックアップのアンカーでかろうじて止まっています。実際の行動中だったらと思うと背筋が寒くなります。


クレバス帯だけでなく、岩稜、雪稜などコンテで登る時には万全の注意が必要です。いま一度ロープで結びあう事の意味を考えましょう。

(記:ブログ管理者)

Home > 2013年12月

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。