Home > 2017年05月

2017年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント (受け付けない): -
  • トラックバック(受け付けない): -

穂高・奥又白より前穂高北尾根


【日程】2017年5月27日(土)~5月28日(日)
【場所】穂高・奥又白より前穂高北尾根
【メンバー】森、大竹
以前から一度雪の奥又白に行ってみたいと思っていた。ネットで情報を調べると、今年はこの時期でも残雪が多く前穂から岳沢までの雪渓もつながっている。ならば奥又白から入り三・四のコルへ雪渓を詰め、北尾根を登り前穂高へ、下りは雪渓通しに岳沢へ下れそうだ。今回も森君が付き合ってくれると言うので心強い。

岳沢
上高地より見る岳沢、この時期としては雪が多い。これなら三・四のコルへの雪渓も繋がっているだろう。

パノラマコース入口
徳沢の先で新村橋を渡りパノラマコースへ。入口にはトラロープが張られ、「残雪のため通行できません」の表示。中畠新道下の雪渓までは夏道が出ていた。

北尾根
仰ぎ見る北尾根上部。前穂、4峰上部にも雪が乗っている。気温が上がればブロック崩壊に注意が必要だ。

松高ルンゼ
正面が松高ルンゼ。途中雪渓が割れ水が流れている。これではルンゼ登高は無理、正直に右側の中畠新道を登ることにする。

中畠新道入口
中畠新道の登り口には緑色のレリーフが。ここから胸突きの急登が始まる。徳沢で背負いこんだ2人合わせて3リットルの水が重い。

中畠新道上部雪渓
ブッシュ帯を抜けると延々と雪渓が続く。1歩、2歩、3歩...と数えながら登る。

テントサイト
雪渓の傾斜が緩み、もうこれ以上登りたくないと言う所で雪を整地してテントを設営、標高約2400m。左の奥又尾根から右の北尾根まで一面の雪原。感動の雪の奥又白に我々2人のみ。
夜は星空、遥か眼下には横尾の電灯の光が人恋しさを感じさせる。


(マウスオーバーで各部の名称が入った拡大写真を表示)
朝日が今日の天気を約束してくれる。ここからでは三・四のコルへの雪渓は4峰の裏に隠れ見えない。と言うよりそんな雪渓があることが信じられない。
インゼル右側の雪渓を詰め、三・四のコルへの雪渓に入る。思っていたほどの傾斜ではなかったがスリップは致命的だ。2度、3度足を蹴りこみ一歩ずつ慎重に登る。雪渓はコルまで続いていた、と言うかコルは雪の下だった。3峰の1p目に涸沢からの2人パーティが取り付いていた。

3峰1p目
コルから一段上がり登攀準備。60mロープをダブルにしツルベで登る。1p目大竹リード。浮石はあるもののおおむね岩はしっかりしており思い切って登れる。先行パーティに追いつき切る。2p目森君リード、核心のチムニーの上まで延ばす。30mでは足りず、ロープいっぱいで大竹登り始める。これで登攀は事実上終了。先行パーティを抜き、ガラ場をもう1p伸ばしてロープを外す。
途中、?の部分もあったが、2峰の懸垂下降箇所も上から見て左寄りのクラックをクライミングダウンして前穂の頂上へ。

奥穂・ジャンダルム
連休に登ったジャンダルムから奥穂へつながる稜線が見える。

ダイレクトルンゼ
頂上で登攀具を外し、ダイレクトルンゼから奥明神沢の雪渓へ。

奥明神沢
シリセードをするには傾斜がきつい。アイゼンが団子になりやすく慎重に下る。岳沢小屋が見えると終わったなとほっとする。

河童橋
途中から雪が消え、夏道を上高地まで。河童橋は観光客であふれていた。

[追記]
1. 奥又白池は奥又尾根上なので寄らなかった。多分、まだ雪の下だと思っていたが、帰宅して「岳沢小屋のブログ」の5月29日の記事に前穂頂上から見た池の写真が出ていた。池と言うより大きな水溜まりみたい。頂上から見えたんだ、残念。

2. 全く忘れていたが、1973年の5月に雪の奥又白に入っていた。古い山日記に、若狭君、沢上(現大西)君と「5/12:中畠新道~Ⅳ峰東南壁歯科大~終了点、5/13:前穂~岳沢下降」と言う記録が書かれていた。C沢はシュルンドは開いているものの雪渓通しにⅣ峰に取り付いている。

5月27日(晴) 上高地(6:50)-明神(7:35)-徳沢(8:25)-奥又白テントサイト(13:25)
5月28日(晴) テントサイト(6:10)-北尾根3峰取付(9:20)-前穂頂上(11:25~11:45)-岳沢ヒュッテ(12:55)-上高地(14:50)

(記:大竹、写真撮影は森君)

穂高ジャンダルム飛騨尾根


【日程】2017年5月3日(水)~5月5日(金)
【場所】穂高ジャンダルム飛騨尾根
【メンバー】大西、大竹、森

5月3日(晴) 新穂高温泉駐車場(6:10)-白出沢出合(8:20)-天狗沢出合(10:45)-F尾根2510m地点[テント設営](14:30)
5月4日(晴) テントサイト(6:00)-飛騨尾根取付(8:00)-ジャンダルム(16:30)-ロバの耳・馬の背コル[テント設営](19:15)
5月5日(晴) テントサイト(5:40)-奥穂高岳(6:35)-奥穂山荘(7:30)-天狗沢二俣(9:15)-白出沢出合林道(10:20)-新穂高温泉(12:05))

雪稜のクラシックルートをやりに飛騨尾根に。

GW、滝谷四尾根を出合から、飛騨尾根、五竜東面辺りを検討し、ジャンダルム飛騨尾根へ行くことに。滝谷の偵察もかねて、計画では下山を涸沢岳西尾根に。パートナーは旭岳東稜に一緒に行った大竹さんと、一ノ倉沢に一緒に行った大西さんと。スタイルについては、この時期、雪の状態や、パーティの体力を考慮しつつ、今までの遭難例を見ると、奥穂頂上あたりで時間切れになって偽尾根に入ってるケースも多く、著名なアルパインクライマーも2~3年前に悪天で亡くなっていることから、ベースキャンプを設置しての軽装でのラッシュは、標高差から厳しいと判断し全荷で行くこととする。このような戦略というか判断は経験の差が出るところで勉強になる。今回もズバリだったので頭が上がらない。合わせて予備日を1日取ってのんびり行くことにした。天気は3日間持ちそうなものの非常に気温が高く、穂高岳山荘のブログをチェックしていると、前日にかなりの降雪があった模様なので気を引き締めて入山した。

5/2、仕事終了後、21時に駅に集合。新穂高温泉の無料駐車場に1時前に到着し、5時まで仮眠する。6時頃出発し登山届を出して、林道を歩いた後、白出沢の出合から、白出沢を詰めて、二俣を天狗沢へ、天狗沢を詰めつつ、左のF尾根に雪を使って乗っかり、出来るだけ標高を稼ぐ。標高2510m、森林限界、ダケカンバの木の近くに雪斜面削って幕営する。他の記録を見ると、二俣に張ったり、2300~2400mらへんの傾斜が緩んだ稜上(コル)に幕営しているのを見かけたが、全荷であれば2500~2600まで上がった方が良さそう。ピッケルでの整地は3人掛かりでも30分ほど掛かり、中々の高所重労働だった。

翌朝5/4、4時過ぎに起床し、6時前に出発。F尾根合流ポイントから、尾根2つ、ルンゼ2つをトラバースして(かなり傾斜が有り悪い、降雪後だったら雪崩れそうな気配もある)、飛騨尾根に取りつき、フリーで上がれるところまで上がる。前に2パーティ、後ろに3パーティ。登山大系だと8ピッチ程度とのことだったが、実際は10ピッチほどロープを出した、若手?なのでリードさせて貰う。取付きからは氷や雪が使えず、Ⅲ~Ⅳ-級のドライなクラック、全ピッチ50m近くロープを伸ばした。残置も少なく、明示的な終了点は無いのでどこでもピッチが切れる。中間支点はピナクルと、キャメ#0.5以下のカム4つで取り、難しめのピッチの終了点は念のためハーケンを打ってアンカーを構築した。行く方はリンクカムの下2つや、ナッツが1セットあると心強いと思われる。複数パーティ入っており、時間が刻一刻と過ぎていき、お昼過ぎ辺りからこの進捗やばい…と危機感を感じながら、全力でリードをしたけど大して時間を縮められず…もっと技術的にも体力的にもトレーニングを積まなくては。と感じました。結果、ジャンダルムの頭(てっぺん)、3160mに16時30頃到着。標識も天使(エンジェル)の看板も雪に埋まってて何も無かった。

ジャンダルムの頭から懸垂1ピッチ(通常は2ピッチに切るが、60mダブルだったので、途中歩きつつ1ピッチで降りる、懸垂待ちもまた長い…)で基部まで降りて、コンテで2ピッチ分ほど雪稜をトラバースしながら、ロバの耳をフリーで登る。そしてロバの耳を懸垂するあたりで時間切れ(18時30分過ぎでそろそろ暗くなる)。計画の奥穂の小屋のテン場どころか、奥穂高岳も難しいので、ロバの耳と奥穂の間のコル3100mで幕営することにする。(渋滞や雪が使えなかったとはいえ、計画で想定していた事態になってしまった…) コルにあった整地跡をうまく使って、強風の最中、稜上にテントを設営。食糧も十二分にあり快適な夜を過ごせた。

翌朝5/5、朝4時過ぎに起床、朝5時30分過ぎに出て、40分ほどで奥穂高岳のてっぺんに到着。小屋手前の下りはクライムダウンが億劫なので、懸垂1本出して小屋に到着。計画通り涸沢岳西尾根で帰るか相談するも、もう奥穂登ったし、涸沢岳登り返すのも大変そうだし、白出沢も安定してそうだから下山しよう~とのことで、半分以上をシリセードで降りる。ただそのまま白出沢をシリセードで降りすぎると、白出大滝の落ち口に着いて降りれず、懸垂下降も難しい状況に陥るので、途中右岸の尾根の夏道を経由して白出大滝を巻いて降りるのがポイント。昼すぎには新穂高温泉に着いたが、シリセードするにはところどころデブリが邪魔で、10時ぐらいを過ぎるとグズグズになるし、踏み抜くしで大変、下部はところどころ穴が空いているので危ないといった状況。2日間雪を溶かして濾さずに水分補給していただけに、白出沢下山途中に右岸にあった滝から汲んだ水が最高に美味しかった。

今回は全荷の有り難さ(戦略の大切さ)を切に感じた。また10kg近いザックを背負って、フルガチャを装備した状態で、高所のロングルートをリードし続けるには想定以上の体力が要るということも判った。反面そのような苦労と引き換えに、日帰りやベースキャンプ(定着)式とはくらべものに成らないほどの達成感が得られて良い!と思ったし、初めて残雪期の雪山に登りましたが、晴天の北アルプスってこともあり最高のロケーション!気持ちいい!!と感じた山行でした。お二方、お疲れ様でした&有難うございました。

(記:森)

20170503_103332.jpg
20170503_103337.jpg
20170504_061807.jpg
20170504_071915.jpg
20170504_072520.jpg
20170504_120419.jpg
20170504_163353.jpg
20170504_175641.jpg
20170504_182917.jpg
20170505_063701.jpg

東北クライミングツアー


【日程】2017年5月3〜6日
【場所】金華山、カニクラック、大日岩
【メンバー】新宮、他会3名
GWは東北クライミングツアーでした。

5/3は金華山で開拓。5.10bくらいのクラックをオンサイト初登しました(写真なし)。

5/4は金華山でボルダリング。左足で着地したくないから力が出せなかったToT

5/5は移動日。途中、松島行ったり諸橋近代美術館行ったり。

5/6は午前中カニクラック🦀 登山道途中の岩場の裏という感じで思ったよりすぐ見つかりました。ワイド登りでは登れませんでした。
午後から大日岩。乾いてはいるけれど空気が温く、湿度高めな感じ。日陰の10cを触らしてもらいましたが、やっぱりフェースむずい…。

ストレッチしないとなぁ。カムの番手も間違えてばかりだった。
IMG_0300.jpg

谷川岳一ノ倉沢一ノ沢右壁左方ルンゼ


【日程】2017年3月25日
【場所】谷川岳一ノ倉沢一ノ沢右壁左方ルンゼ
【メンバー】鳥羽瀬、他

17757629_1733908116625001_2159450095031170622_n (1)

群馬県某所


【日程】2017年3月11日
【場所】群馬県某所
【メンバー】鳥羽瀬、他
ノコ沢雪で敗退後転戦
17626264_1733916636624149_5072623943401684124_n.jpg

Home > 2017年05月

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。