Home > アイスクライミング > 八ヶ岳峰の松目沢

八ヶ岳峰の松目沢


【日程】2014年2月3日(月)
【場所】八ヶ岳 峰の松目沢
【メンバー】谷垣、大竹
昨シーズン登りに行って凍傷で敗退した峰の松目沢を登ってきました。鉱泉への道から分かれるところからブレーカブルクラストのラッセルに苦しめられました。
F1下でハーネス、ギアを装着して登る。谷垣君は終始アグレッシブにバーチカルのラインを、アイスクライミング初心者の大竹は弱点のラインを狙って登った。結局谷垣君は全部フリーソロ、大竹は最後のF8下段だけはロープを投げてもらいフォロー。最後の滝(F8の上段?)はつらら状でもろそうなのでここまでとする。
計画では赤岩の頭経由で下る選択も入れておいたが、ここまでのラッセルがきつすぎたので(大竹はヘロヘロでほとんどラッセルできず(-_-))敬遠して、同ルートをアバラコフ、立木を利用したラペル、クライムダウンを交えて下降した。

F2 F7-F8
F2                               F7、F8(下の2つの氷瀑を登って下降)

往きは、全く雪がない小淵沢道の駅にテントを張り仮眠。気温は高く、鉢巻道路もほとんど雪がなかった。鹿の湯で汗を流して帰った。

2月3日(晴後曇) 美濃戸(6:35)-峰の松目沢F1下(9:25)-登攀開始(9:55)-最後のつらら状の滝基部登攀終了(12:05)-下降F1下戻り(13:40)-美濃戸(15:15)
参考サイト
文太のブログ日記
千種アルパインクラブブログ (峰の松目沢への分岐点の写真が参考になります)

(記:大竹)

コメント:0

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:0

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/103-fac4dcb2
この記事にトラックバックする
八ヶ岳峰の松目沢 from J.C.C.

Home > アイスクライミング > 八ヶ岳峰の松目沢

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ