Home > その他の山行 > 丹沢・水無川本谷

丹沢・水無川本谷


【日程】2014年2月22日(土)
【場所】丹沢・水無川本谷
【メンバー】大竹
2週続けての関東甲信地方の大雪。特に14日の雪は、道路を寸断、多くの地域で孤立状態が。これでは山の雪の状態以前に、アプローチができない。大西さんの勧めで、電車一本で行ける丹沢に行くことにする。「10年くらい前に大雪後の水無川本谷を登ったことがあります。F5あたりは氷混じりの雪壁でした。最後のがれ場は広大な雪面でローツェフェースの様で感動的でした」とのことで水無川に決めた。

大倉から戸川林道を20分ほど歩くと雪が。トレースがあるしクラストしているので問題ない。水無川は50年ほど前に来ているが、どんなだったか記憶にない。ガイドブックにある本谷山荘を探すがわからず、書策新道の道標の所から沢に入る。良く見ると本谷へのわずかなトレースがある。F3、F4は埋まっていた(気が付かなかった?)。F8大滝は最初左側(右岸)を巻こうとしたが岩がボロボロなので下降し、右側を登ると部分的に雪に埋まったフィックスロープがあった。F9を抜け、楽しみにしていたローツェフェースであるが、う~んどこだと探すうちに樹林帯にはいり表尾根に合流した。沢自体は、時々もぐることがあるがクラストしており快適でした。

人気の塔ノ岳、夏ほどではないがそこそこの人。曇っていて富士山は見えず残念。軽く食べて下る。花立山荘のところでアイゼンを脱ぐ。下るにつれ雪融け、ぬかるみ歩きとなった。

水無川出合 f1 f8
水無川入渓地点            F1                    F8

塔ノ岳 大倉尾根で
塔ノ岳                  大倉尾根で

2月22日(曇) 大倉(7:20)-戸沢出合(9:00)-水無川入渓(9:30)-本谷1197m書策作新道分岐(10:55)-塔ノ岳(14:00-14:10)-大倉(16:10)

(記:大竹)

コメント:0

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:0

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/104-b351abc0
この記事にトラックバックする
丹沢・水無川本谷 from J.C.C.

Home > その他の山行 > 丹沢・水無川本谷

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ