Home > アルパインクライミング > 谷川岳一ノ倉沢中央稜

谷川岳一ノ倉沢中央稜


【日程】2014年6月18日(水)~6月19日(木)
【場所】谷川岳・一ノ倉沢中央稜
【メンバー】谷垣、大竹

梅雨の中休みを狙って、谷垣君と一ノ倉沢中央稜と中央カンテを計画。
登山指導センターの前日の書き込みに、「夕方から雨が降っている」とあったので心配したが、天気予報が比較的良くなかった18日は岩も乾いており、雨にも降られず貸切りの一ノ倉沢で中央稜を登下降。
しかし、夕方7時過ぎから雨が激しく降り始め、夜中過ぎに目を覚ました時も降っていた。朝4時に起きた時には止んでおり、センター前の道も乾きかけていたが、岩の状態がいまいちだろうと中央カンテは根性なく諦め帰宅した。

2週間半前の新入会員歓迎山行の時から急速に雪解けが進んでおり、出合から少し入ると雪渓に大きく穴が開いていて巻道に上がる。再び沢に下りた所からは雪渓が続いており、テールリッジへは簡単に移れた。

中央稜と言うか一ノ倉沢全体を貸切り状態で、岩は乾いており、時々稜線からガスが低く下りてくるものの雨にも降られず静かなクライミングを楽しめた。衝立尾根の終了点まで9p、つるべで谷垣君から登り始めたので、核心部のおいしい4p目をいただいた。

[下降]は、龍鳳の大森さんよりのアドバイスに従い、ロープの結び目が引っかからないようシングルで短く25mに区切ってラペルを繰り返す。25mで下りれる位置にラペル用のポイントが作られている。4p目(核心部)の終了点からは大丈夫そうなので50mで下りたが、やはり50mだとロープの引きが重い。最後のピッチを取付点に向けて下りたのでロープがスタックして登り返す羽目になってしまった。
正解は、シングル25mで繰り返し、3ピッチ目の途中(登るときは7~8m右上したところの懸垂点)まで。ここから真っ直ぐ25mで1ピッチ目終了点へ。 一段下の懸垂点から50mで、取付点よりやや中央カンテ側に下降する。
大森さん、下降の情報ありがとうございました。

1p目終了点でビレーする谷垣君 マムシ岩をフリーソロするクライマー
1p目終了点でビレーする谷垣君             マムシ岩をフリーソロするクライマー

6月18日(曇) 指導センター(4:55)-一ノ倉沢出合(5:30)-中央稜取付(6:45)-中央稜登攀開始(7:10)-登攀終了(11:00)-登攀終了点よりラペル開始(11:10)-[ラペル8回]-中央稜取付(13:10)-[最終のラペルでロープがスタックして登り返す]-下山開始(14:00)-一ノ倉沢出合(14:55)-指導センター(15:45)
6月19日 前夜からの雨の影響で、中央カンテの計画は中止して帰宅

(記:大竹)

コメント:0

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:0

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/110-9d260da4
この記事にトラックバックする
谷川岳一ノ倉沢中央稜 from J.C.C.

Home > アルパインクライミング > 谷川岳一ノ倉沢中央稜

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ