Home > 沢登り > 丹沢玄倉川小川谷廊下

丹沢玄倉川小川谷廊下


【日程】2009年8月9日(日)
【場所】丹沢・小川谷廊下
【メンバー】大西、大竹、他2名
大竹です。8/9(日)、小川谷廊下の沢登りに行ってきました。
メンバーは、大西君、大西君の義弟の藤吉さん、大西君のヒマラヤ仲間の佐々木さんと私の4名。
新松田駅でピックアップしてもらい小川谷へ。車が多く、結局林道横の、沢への降り口の狭いスペースへ駐車。

急な踏み跡を沢まで下り入渓、このところの雨で水量が多い。人気の小川谷、チョックストーンのF2は大人数の先行パーティのため右側を行くが水の勢いで落とされそう。
チョクストーンのF2  丸木を渡る
(F2、手ぶれですみません)      (滑りそうな丸木を渡り釜を越える佐々木さん)

各自好き好きに沢を詰めました。意外とフリクションが効くのでクライミング感覚で登れます。淵から取り付くところは胸近くまで水の来る滝もありました。でも水はそれほど冷たくない。
これがうわさのツルツルの大岩です。先行パーティがいたので我々は大岩の右側から行きましたが、若干かぶり気味でのシャワークライムでテクニックを要します。
ツルツルの大岩  壊れた堰堤
(ツルツルの大岩)            (遺跡然とした左側が壊れた堰堤)
古代の遺跡然と立ちふさがる左側が壊れた堰堤を抜けると開けた川原に出て終了です。

終了点の川原で休憩
(左:大西君、右:佐々木さん、背中:藤吉さん)
ここで軽く食事をし、部分的に崩壊した踏み跡を辿り林道に合流し車へ戻りました。

駐車地点(10:15)--壊れた堰堤(11:55)--川原で休憩後出発(12:15)--駐車地点(13:15)
天気は曇りですが暖かかったです。多くの滝のあるゴルジュ帯、楽しい沢登りでした。
(写真をクリックすると拡大します)

コメント:1

大竹 URL 2009-11-15 (日) 10:40

上記URLのサイトが写真も多く参考になります。こちらは堰堤横のはしごを下って沢に下りています。我々は急な踏み跡を下りました。最後のザレた所にはフィックスがありました。

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:0

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/13-e56ee233
この記事にトラックバックする
丹沢玄倉川小川谷廊下 from J.C.C.

Home > 沢登り > 丹沢玄倉川小川谷廊下

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ