Home > その他の山行 > 丹沢主脈縦走:焼山~塔ノ岳

丹沢主脈縦走:焼山~塔ノ岳


【日程】2010年5月22日(土)
【場所】丹沢・主脈縦走
【メンバー】大竹
大竹です。日が長くなり、暑くもなく、まだヒルも活発化していそうもない。と言う事で、5/22(土)、昨年の丹沢主稜縦走:桧洞丸~塔ノ岳のリベンジで丹沢主脈縦走に出かけました。
焼山登山口から焼山に登り、蛭ガ岳、丹沢山、塔ノ岳まで歩き表尾根をヤビツ峠へ下り、蓑毛まで歩きました。距離27.6km、ガイドブックでのコースタイムは約12時間です。

三ヶ木から焼山登山口を通るバスは6:55発の1本だけ。接続するには橋本発6:20の三ヶ木行に乗らなけれならない。早起きして家を4:50に出た。
焼山登山口には公衆トイレも整備されているが、丹沢の表側に比べるとやはりマイナー、こちらから登る登山者は数えるほど。今日はザックの中は飲物と食料だけ。足取りも軽く出発。焼山までは約700mの登り、後はゆるやかな稜線を歩き姫次へ。ここは東海自然歩道の一部であるらしい。姫次からは霞んではいるが正面に富士山が、左手にはこれから向かう蛭ガ岳が遠く見える。

焼山 姫次 蛭ガ岳が遠い
(焼山 1060m)            (姫次)                 (蛭ガ岳が遠い)

でも今日は快調。足もつらず1時間程で蛭ガ岳に到着。ここからは昨年の主稜縦走で歩いているので気持も楽。丹沢山の山頂も結構な人数。長居は無用と塔ノ岳へ向かう。最後の登りはさすがペースが落ちてきたが無事到着。人気の山頂は人であふれかえっていた。

蛭ガ岳 丹沢山 P5220006_20100523110820.jpg
(丹沢の最高峰蛭ガ岳 1673m)   (丹沢山 1567m)          (塔ノ岳 1491m)

山頂で15分ほど休み、この時間ならと大倉へは止め表尾根を下ることにする。まだ登ってくる人にも結構すれ違う。小さな子供も頑張って登っている。人にも慣れっこなのか鹿が1頭のんびりと草を食んでいた。表尾根はいくつか登りがあるが眺めが良いので大倉尾根よりは気分がいい。最後の富士見山荘へ下りる登山道で、大きなヤマカガシがカエルを飲み込もうとしているのに出くわしビックリした。

草を食む鹿 烏尾山よりの塔ノ岳
(草を食む鹿)             (烏尾山より振り返る塔ノ岳)

ヤビツ峠より山道を歩き蓑毛着17:15。最後は少し膝が痛くなったが、タイムは10時間を切り、まずまずであった。

5/22(土)(晴) 焼山登山口(7:30)-焼山(8:45)-姫次(10:10)-蛭ガ岳(11:30)-丹沢山(12:50)-塔ノ岳(13:45-14:00)-烏尾山(14:55)-ヤビツ峠(16:30)-蓑毛バス停(17:15)

(備考)
1.焼山登山口までの神奈川中央交通バス(土、休日)
橋本駅北口(6:20、420円)-三ヶ木(6:55、320円)-焼山登山口(月夜野行バス)
三ヶ木(小規模なバスターミナル)で月夜野行バスに接続するようになっている。
2.足つり対策
前回の七転八倒を教訓に足つり対策を研究。足に違和感が出てきたら、梅ねりをなめたり芍薬甘草湯(粉末)を飲んだ。効果があったのか今回は足つりに苦しむことはなかった。

コメント:0

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:0

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/28-65e74826
この記事にトラックバックする
丹沢主脈縦走:焼山~塔ノ岳 from J.C.C.

Home > その他の山行 > 丹沢主脈縦走:焼山~塔ノ岳

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ