Home > スポンサー広告 > 錫杖岳前衛壁左方カンテ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:-

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:-

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/36-b415a09f
この記事にトラックバックする
スポンサーサイト from J.C.C.

Home > スポンサー広告 > 錫杖岳前衛壁左方カンテ

Home > アルパインクライミング > 錫杖岳前衛壁左方カンテ

錫杖岳前衛壁左方カンテ


【日程】2010年10月11日(月)
【場所】錫杖岳前衛壁左方カンテ
【メンバー】山下、大竹
計画: 三連休、クラブの錫杖岳集中の予定であったが天気はどんどんと悪い方にズレ、1ルンゼを予定の川浦、伊藤、大西パーティは全面中止に。山下君と最終日の晴天に望みを託し錫杖へ向かった。

10月10日
三連休の天気は、週初めにはまずまずであったのがだんだん悪い方に変化。土日は雨だが祝日の月曜は回復して晴天が望めそう。と、いうことで10日(日)の午後に出発。松本で夕食、食料の買出しをし、午後8時ごろ中尾高原口バス停横の無料駐車場に着いた。空には星が、でも雲もあり気にかかる。

10月11日
午前4時に起床、ムッム霧雨。時々ポツポツと雨粒もあたる。とりあえず朝食をとり車中で待機。5時半過ぎに止んだので、壁の状態は分からないが天気予報を信じ、行ってみて決めようと出発する。

槍見館横から登山道に入る。錫杖沢まで結構な登り、登山道と分かれ錫杖沢に下る。沢を若干つめ左岸の踏み跡を登ると、ピッタリと左方カンテの取付に出た。ウ~ン、右側の壁からはポタポタと水滴が...壁はまだガスに覆われている。でも天気は好転の兆しだし、岩壁は南に面しているので陽が出ればすぐ乾くだろうと登ることとする。

左方カンテ取付    穂高方面
(左方カンテ取付、まだガスが) (青空が出てきた、穂高が眼前に)

1P目、大竹リードで取付く。岩溝状を40mで潅木でビレー。2P(山下)、岩溝状から左のカンテに出てピナクルテラスまで伸ばす。3P(大竹)、ピナクルに立ち右上のボルトへ行くがその先が分からず、少し下り右のバンド状を回り込んで、傾斜の落ちた草付き混じりの岩を登り潅木でビレー。潅木左後にペッツルのボルトあり。(集会で大西君に確認したら、、ピナクル右上のボルトから上のフェースを登ったとのこと)4P(山下)、階段状を登り濡れたチムニーへ入る。上部で左のフェースに移り、凹角の中を潅木まで。5P(大竹)、凹角を左に出てバンド左のチムニー入口まで。ロープの流れが悪くなるので短く切った。左を注文の多い料理店を登ったパーティが懸垂下降していく。6P(山下)、チムニー入口のハーケンをA0で上がりチムニーを10m程登って左のカンテへ出る。最後の部分がホールドが乏しく嫌らしい。7P(大竹)、ビショビショの細かいフェースを数m登り、そのまま草付き混じりのブッシュ帯を30m。8P(山下)、更にブッシュ帯を30m程で広場となった終了点へ。遠く槍ヶ岳が見える。

2pピナクルテラス    6pチムニー  終了点より槍ヶ岳
(2P目ピナクルテラスの山下君) (6P目のチムニー)       (終了点よりの槍ヶ岳)

時間があるので上に出てクリヤ谷へと下ることにする。東尾根のP2への岩場からブッシュ帯へ入る所が雨でグジュグジュになっており嫌らしかった。P2から見る烏帽子岩基部のトラバースは、一見行けるのかなと迷うが、踏み跡があるとの記録があるので行ってみる。確かに東肩から西肩へそれほど悪くない踏み跡をトラバースできた。

錫杖岳本峰       烏帽子岩
(左端が錫杖岳本峰、真中のギャップが西肩) (烏帽子岩、基部に踏み跡がある)

ここから北側の烏帽子岩との間の草付き帯を下り、下に見える涸れた沢を目指して下る。雨で濡れていなければ簡単に下れそうだが、岩に捨て縄が付いたねじれた古いハーケンの残置があったので25m懸垂して涸れ沢に入る。あとは涸れた沢通しにどんどん下る。暫く下ると大きな涸れ沢に合流し、時々藪の中の踏み跡をつなぎながら1時間強で沢沿いのクリヤ谷の登山道に合流した。更に登山道を1時間ほどで駐車場へ着いた。 登攀終了点から3時間、懸垂で下降するのと時間的には大差ないようだ。

10月11日(晴後曇) 中尾高原口バス停横駐車場(5:50)-左方カンテ取付(7:50)-登攀開始(8:20)-登攀終了(12:20-12:40)-東尾根西肩(13:30)-クリヤ谷登山道合流(14:40)-駐車場(15:45)

(烏帽子岩よりの下降路)
錫杖岳については石際淳氏のサイトに詳しい記録がある。烏帽子岩よりの下降路に関しても説明があり事前に読んでいた。しかし、図の小尾根が烏帽子岩より派生していると勘違いしていたため、我々は「小尾根の左の斜面を下るべし!」を下っているつもりで、実際は「下れるように見えるが滑りそうで下れない」草付ルンゼを下ってしまったようだ(結果的には下れたが)。
烏帽子岩よりの下降路
(図は石際淳氏のサイトよりコピー)

(感想)
最後まで天気で気がもめたが、やっと念願の錫杖岳のルートを登ることができた。左方カンテは、名前ほどにはカンテ部分を登るところはなく、チムニーを登った印象の方が強い。岩壁の前面が開け、青空と暖かい陽射しのもと、穂高を眺めながら気持の良い登攀が楽しめた。トポにA1と記されたピッチがあるが、アブミを使用するところはなかった。
(記:大竹)

コメント:0

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:0

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/36-b415a09f
この記事にトラックバックする
錫杖岳前衛壁左方カンテ from J.C.C.

Home > アルパインクライミング > 錫杖岳前衛壁左方カンテ

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。