Home > アルパインクライミング > 鹿島槍ヶ岳天狗尾根敗退

鹿島槍ヶ岳天狗尾根敗退


【日程】2012年3月18日(日)~3月20日(火)
【場所】鹿島槍ヶ岳天狗尾根
【メンバー】岡本、伊藤、大竹、岩野、新宮
天気予報と相談し、当初の計画を1日遅らせ、3/17(土)夜の出発とする。岡本車と岩野車とで、談合坂で合流、午前2時頃道の駅安曇野松川に到着、仮眠する。

18日:大谷原に移動、サンアルピナ鹿島槍スキー場の駐車場に駐車。雨は止んでいるが曇り空。準備をして出発。先行パーティのトレースが天狗尾根の方に向かっている。東尾根へのトレースはない。取水口までに右岸⇒左岸、左岸⇒右岸の飛び石伝いの渡渉をし、荒沢との出合へ。荒沢に入り少ししてスノーブリッジを左岸に渡り、尾根状になった斜面を登る。暫くして先行の3人と2人のパーティが見えた。ラッセルが深く苦労している。天気とペースを考えると、天狗の鼻まではとても無理。今日は、早いが1750m辺りの平坦な稜線上にテントを張ることにした。
設営中に霧雨となり、テントに入るころには小雨となった。夜には気温が下がり雪に変わり、20~30cm程積もった。

大谷原駐車場 大川沢渡渉 テント
大谷原駐車場             大川沢渡渉              JCCテント(3/19下降後撮影)

19日:予報では天気が良くなるはずだが、まだ少し小雪が舞っている。朝食を済ませ、岡本さん、大竹、新宮君の3名で出発する。昨日の先行パーティのトレースは雪で埋まり、急な雪面や右側へ張り出した雪庇に注意しながら登る。上の方で声が聞こえると思ったら、昨日の2パーティが第1クーロアールをラペルで下って来た。斜面の新雪が雪崩れ不安定なので下山すると言う。
北壁狙いで天狗の鼻を目指したが、昨日は第1クーロアールの上でテントを張ったとのこと。この高度では雨でなく雪だったそうだ。天気の回復も遅れているので、我々も無理せず下降することにする。第1クーロアールの取付まで登って上部を偵察し、テントに戻った。
少しして薄日がさしてき、伊藤さん、岩野君も写真撮りがてら上に出かけた。

第1クーロアール 晴れ間が 遠見尾根
第1クーロアール       やっと晴れ間が            遠見尾根

20日:陽が昇ってテントを乾かしてからゆっくりと下山した。麓は春の暖かさだった。

下山日
天狗尾根上部を望む

3月18日(曇後雨、夕方より雪) 大谷原駐車場(8:00)-取水口(10:10)-荒沢出合(10:45)-1750m地点でテント設営(13:30)
3月19日(雪後曇後晴) テント(6:40)-第1クーロアール下(8:30-9:00)-テント(9:40)
3月20日(晴) テント(8:15)-大谷原駐車場(11:20)

付記:今回新宮君だけがワカン持参であったが、正解であった。先行パーティは、松本の3人がワカン、関西蛍雪山岳会の男女2名はワカンなしであった。ラッセルのあるアプローチから壁に取り付くには、ワカンで体力をセーブする必要があると痛感した。

(記:大竹)

コメント:0

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:0

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/64-68fa11a4
この記事にトラックバックする
鹿島槍ヶ岳天狗尾根敗退 from J.C.C.

Home > アルパインクライミング > 鹿島槍ヶ岳天狗尾根敗退

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ