Home > アルパインクライミング > 穂高岳沢コブ尾根、のはずが...

穂高岳沢コブ尾根、のはずが...


【日程】2012年5月12日(土)~5月13日(日)
【場所】穂高岳沢コブ沢左俣~畳岩尾根上部
【メンバー】大西、大竹
連休後半5/3~5/6に、ジャンダルム飛騨尾根~岳沢コブ尾根、または奥穂南稜を計画したが、天気予報がだんだん悪化。出発をずらして岳沢のみに絞り込んだ計画も結局中止、家から離陸できずじまいの最悪な連休となった。今週末仕切り直しで岳沢コブ尾根を目指したが...

岳沢小屋のテントサイトに不要な荷物をデポし、登攀具とツェルト、コンロだけ持って出発。コブ沢に入ったが、ガスで視界が悪くコブ尾根に上がる枝沢の雪渓が分からない。登り過ぎには気づいても、視界が効かず右側の状態がつかめない。しょうがないのでそのまま本沢の急な雪渓を詰め、ガスの切れ間から見える左側の畳岩尾根のコルを目指す。このころガスが薄くなった時に、右下の方にコブ尾根上の小さなギャップが見え隠れする。しかし尾根へ出る雪渓がどこなのかは判然としない。
結局、コブ沢の左俣を詰め畳岩尾根のコルへ出る。ここでロープを結び、雪壁をトラバースして天狗沢の雪渓へ降りようとしたが、ロープ1本なので這い松とスラブで無理。コルへ戻り、岩稜を10m程登り、その上の雪壁へと2p伸ばす。そこから雪渓が天狗沢まで下りているのが確認できたので、ここを下降(畳岩中央ルンゼと言うらしい)して岳沢小屋へ戻った。

コブ沢左俣 畳岩尾根上部
コブ沢左俣(左)と畳岩尾根上部(右) (2枚とも5/13早朝撮影 写真の上にカーソルを置くとルートが表示されます)

コブ尾根取付
コブ尾根へ上がる枝沢の雪渓(下降後5/12撮影 写真の上にカーソルを置くとルートが表示されます)

翌13日は朝から快晴。再度コブ尾根を考えたが、いまいちエンジンがかからず絶好の登攀日和の中、岳沢の概念を頭に刻みながら下山した。
入山日は岳沢テントサイトでゆっくり休み、2日目に登れば良かったと思うも後の祭り。実は、1日目にコブ尾根を登れれば、2日目に奥穂南稜をなどと考えていたのが欲張りだったか。う~ん、何やってんだか。

河童橋より
河童橋よりの岳沢(写真の上にカーソルを置くと名前が表示されます)

5月12日(小雪、曇) 上高地(6:50)-岳沢小屋(9:10、コブ尾根へ出発(9:50))-[コブ沢左俣]-畳岩尾根上のコル(14:15)-[雪渓トラバースし下降トライ、畳岩尾根2p登攀]-雪渓下降開始(16:00)-岳沢(17:20)
5月13日(快晴)岳沢小屋(6:20)-上高地(8:10)

初日、沢渡でタクシーの相乗りをリクルートしていたら、龍鳳の川原氏パーティにばったり。上高地の食堂で一緒に朝食後、彼らは明神東稜へと出発。絶好のクライミングだったんだろうな~。

参考:岳沢小屋スタッフブログ5月28日の畳岩尾根の記事 (我々が登ったのは赤線よりもう1本右の雪渓を登り、三角形の岩壁の底辺左端に出るルートです)

(記:大竹)

コメント:0

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:0

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/69-7a023d54
この記事にトラックバックする
穂高岳沢コブ尾根、のはずが... from J.C.C.

Home > アルパインクライミング > 穂高岳沢コブ尾根、のはずが...

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ