Home > アルパインクライミング > 谷川岳慰霊祭 + 一ノ倉沢南稜

谷川岳慰霊祭 + 一ノ倉沢南稜


【日程】2012年10月6日(土)~10月8日(月)
【場所】谷川岳
【メンバー】岡本、大西(10月6日のみ); 川浦、伊藤、大竹
クラブ創立55周年行事(2012年4月~2014年3月に実施予定)の一つとして慰霊レリーフの整備を企画している。そんな折沼田山岳会のO氏より、峯尾君のレリーフが剥がれ落ちていたので保管しているとの連絡をいただいた。もともと10月の連休は谷川岳集中の年度計画であったため、今回レリーフの修復・整備を行うことにした。
金曜夜、大和駅に集合し川浦車、大西車の2台で出発。道の駅・月夜野矢瀬親水公園で仮眠。早朝、O氏宅にお寄りしてレリーフを受け取る。おいしいおにぎりと具たっぷりのキノコ汁の朝食をごちそうになった。

10月6日(土、曇)レリーフ修復・整備
脚立、電動ドリル、セメントなどの修復道具を持って一ノ倉沢出合へ。夏が暑かったせいか山はまだほとんど紅葉していない。レリーフは以前と同じ場所に付けることにし、今回はセメントだけでなくボルトでも固定することにする。穴開けは岩が硬いため結局ジャンピングで行った。
修復作業

ボルトをセメントで固定し乾くのを待つ間幽ノ沢へ行き、津田君、鳥井・成田さんのレリーフの清掃を行う。レリーフの近くに花を飾れるようリングボルトを打った。
清掃 津田君レリーフ 鳥井・成田サンレリーフ
                     津田君のレリーフ      鳥井・成田さんのレリーフ

一ノ倉出合に戻りレリーフをセメントで固定し、花を挿すリングボルトを打ち仕上げとする。
修復 峯尾君レリーフ
                     峯尾君のレリーフ

岡本さん、大西君は帰京。川浦さん、伊藤さん、大竹は登山指導センター泊。

<参考>

鳥井義弘・成田健之 1961年9月10日 幽ノ沢中央壁左ルートで遭難
峯尾泰司 1971年1月17日 一ノ倉沢烏帽子奥壁中央カンテルート登攀後国境稜線で遭難
津田泰男 1989年1月16日 幽ノ沢中央壁G登攀クラブルート~上部左ルート登攀後下山中遭難

10月7日(日、曇後雨)慰霊祭・閉山式
昨夜降り出した雨は6時半頃に止むが、予報は良くない。慰霊祭・閉山式は午前10時からなので、行ける所までと白毛門へ行くことにする。伊藤さんは頂上まで行くが、大竹は8時に松木沢の頭から下山、慰霊塔の式場へ戻る。

慰霊祭は、水上町長、群馬県知事(代読)、沼田警察署長などの挨拶で始まり、献花、僧侶読経の後、来賓・参列者が焼香し45分程で終了した。
谷川岳慰霊祭2012/10/8

夕方近くから雨、夜にはほとんど止んだ。翌日の晴天を願ってセンターでもう一泊。

<朝日新聞・群馬版記事より>

『谷川岳の遭難者慰霊祭が7日、みなかみ町湯桧曽の谷川岳土合霊園地で開かれた。今年は3月中旬に2人が相次いで雪崩で死亡し、1931年に統計を取り始めて以来の遭難死者数は計805人(ほかに行方不明者9人)になった。』

10月8日(月、晴)一ノ倉沢南稜登攀:伊藤、川浦、大竹
午前3時に起きると満点の星、よしっ。センターを4時に出発、40分で一ノ倉出合に着いてしまい明るくなるのを待つ。昨日の雨で心配した峯尾君のレリーフのセメントをチェックに行くがしっかり付いていた。

右岸の巻き道をたどり、ひょんぐりの滝はフィックスロープで下りる。見上げる一ノ倉の岩壁が青空の下、朝日に輝いている。テールリッジの上部トラバース箇所もフィックスがあり難なく通過、中央稜を登るパーティの下を通り南稜テラスへ。先行パーティなし、後続も3ルンゼに行く1パーティのみ。
一ノ倉沢の岩壁

大竹が2本ロープを引きリード、短くピッチを切って登る。快晴で気持ちよく、伊藤さん、川浦さんは写真を撮りながらフォロー。1p目終了直前で、空中を落下してきたレンガ大の石が川浦さんへ。ホールドを持つため体を少し前に傾けた瞬間だったため、ヘルメットではなくザックを直撃。ショックで息が止まったと言うが事なきを得た。運(悪運?)が良かった。

最後の7p目、フェースの終了部分が濡れていていやらしかったが、全体的に岩は安定していて快適なクライミングを楽しめた。終了点からはラペル4回、最後の7、8mはセットしたロープをつかんで南稜テラスに戻る。出合までも要所にフィックスロープがあるので容易に戻れた。三連休で皆遠くへ出かけたのか、中日が雨の予報で敬遠されたのか一ノ倉は静かであった。
大竹リード 伊藤さん 滝沢スラブ
大竹リード5p目        伊藤さん最後のフェース  滝沢スラブ

登山指導センター(4:00)-一ノ倉沢出合(4:40~5:15)-南稜テラス(7:05)-南稜登攀開始(7:30)-登攀終了(10:35)-登攀終了点よりラペル開始(10:40)-[ラペル4回+α]-南稜テラス(12:00~12:30)-一ノ倉沢出合(13:50~14:00)-登山指導センター(14:40)

(記:大竹)

コメント:0

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:0

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/82-a9ae0b0d
この記事にトラックバックする
谷川岳慰霊祭 + 一ノ倉沢南稜 from J.C.C.

Home > アルパインクライミング > 谷川岳慰霊祭 + 一ノ倉沢南稜

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ