Home > アルパインクライミング > 秋の剱岳八ツ峰クライミング

秋の剱岳八ツ峰クライミング


【日程】2013年9月20日(金)~22(日)
【場所】剱岳・八ツ峰六峰Cフェース・リッジルート
【メンバー】谷垣、岡本
 20日午前2時頃大町に着くが、ガス欠で神社の駐車場で仮眠する。7時のGS開店に合わせ給油し扇沢へ。市営駐車場に空きを探し駐車。8時のトロリバスに乗る。平日なので順調に室堂着。立山連峰ロッジでカレーやラーメンで腹ごしらえをする。雷鳥沢から乗越まで1.5Hと快調に登り切る。キャンプ場は空いていて好きなところが選べる。

 21日5時発。快晴に恵まれ剱沢を下る。45分下り雪渓に降り立つ。カチカチなのでアイゼンを付けて長次郎出合まで下る(6時20分)。そのまま長次郎雪渓を登る。クレバスもなくこの時期にしては大変安定している。熊の岩との中間部あたりで源次郎側のスラブに移りアイゼンを外す。
源次郎側へ

7時30分に八ツ峰側に飛び石伝いに渡りそのまま左岸の踏み跡を登る。不安定なガラ場を伝いCフェース基部に着き、9時登攀開始。快適に乾燥した岩を登る。5ピッチ200mをつるべで登り11時Cフェースの頭に到着。(写真は核心部のリッジ)
核心部のリッジ

ロープをしまいそのまま八ツ峰上半の縦走へ。忠実にリッジをたどり八ツ峰の頭まではすべてロープの使用なし。頭からはリッジを下降せず、懸垂で池ノ谷ガリー側を25m2ピッチで池ノ谷乗越の10m下に降り立つ(13時20分)。この後、北方稜線をたどり本峰へ(14時20分)。頂上の社が無くなっていた。雷で吹き飛んだらしい(麓で制作中らしい。頂上にいた行者さんの話)。この後別山尾根を下り剱沢キャンプ場へ(17時30分着)。
山頂の行者さん

 22日(晴れ)7時40分発。乗越に8時20分着。10時過ぎにミクリガ池温泉着。立ち寄り湯で3日間の汗を流しアルペンルートで扇沢に下る。

(記:岡本)

コメント:0

コメントフォーム

トラックバックとピンバック:0

トラックバックURLはこちら
http://jccblog.blog20.fc2.com/tb.php/99-2c011857
この記事にトラックバックする
秋の剱岳八ツ峰クライミング from J.C.C.

Home > アルパインクライミング > 秋の剱岳八ツ峰クライミング

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ