FC2ブログ

Home > その他

カテゴリ: その他

凍傷


【日程】2012年12月8日(土)~12月9日(日)
【場所】八ヶ岳峰の松目沢
【メンバー】高品、新保(以上龍鳳登高会)、大竹
峰の松目沢に入り最初の10m滝取付きで、それほど寒さを感じなかったので素手でハーネス、アイゼン等を装着し登攀準備。この間30分ほど。登ろうとヘルメットをかぶろうとするがうまく顎のバックルが装着できない。変だなと見ると右手中指の先が白蝋色になっている。左手の親指、人差し指も固い。即、下山し美濃戸の赤岳山荘で洗面器に温水をもらい両手指を小1時間温める。つけると疼痛があり、手指を温水に入れたり出したりしながら温めた。途中鹿の湯の温泉に30~40分ほど浸かり帰宅した。上記3本の指先は濃い紫色に変色し、水泡も形成されていた。

凍傷12/10_1 凍傷12/10_2
12/10(月)朝撮影。写真では分かりづらいが、右手中指、左手親指、人差し指の3本の指先は濃い紫色に変色し、壊死が心配された。

月曜日朝一で、近くの聖マリアンナ医大病院に行き皮膚科で受診する。水泡の水を抜き点滴し、血行を改善する薬と皮膚潰瘍治療用の軟膏を処方される。しかし凍傷治療の経験がなさそうなので、家内がネット検索で杉田クリニックを見つけ翌日(12/11)受診に行く。

杉田医師は、白鬚橋病院で金田正樹先生の指導を受けられ、2009年マッターホルンで凍傷を負った広川健太郎氏の手術をされた方です。最初、警察病院に入院して午前、午後2回点滴しようかと言う話(厚労省の指針で、1日2回の点滴を受けるには入院しなければならない)もあったが、とりあえず通院治療で様子を見ることにした。血管を拡げるための点滴と指先の消毒だけで薬の服用はなし。火曜(11日)から土曜(15日)まで5日間点滴し、来週月曜日にもう1度点滴しその後のことを決めることとなった。とりあえず壊死の可能性、手術はなくなったようでほっとした。

[12/17(月)追記]診察の結果、点滴はせず指先の消毒のみ。次回は水曜日
[12/22(土)追記]中指手背側の乾いた水泡の皮を切除
[12/28(金)追記]年内最後10回目の通院、指先を消毒
[1/4(金)追記]壊死した表皮はほとんど剥けたが、指自体はまだ完治せず。特に右手中指先は薄紫色で押すと痛みがある。次回は1週間後
[1/12(土)追記]表皮はきれいになった。左手親指、人差し指は痺れがあり、右手中指はまだ紫色が残り寒いとジンジン痛む。この程度の凍傷の場合は痺れがなくなるのには半年程かかるとのこと。指先の痺れ回復のため、試しに末梢神経障害の薬メチコバールを1か月服用してみることにした。次回は1か月後
[2/12(火)追記]右手中指以外の痺れはほとんど消えた。薬の効果か、飲まなくても消えたのかは不明。ビタミン剤のようなもので副作用はないのでもう30日分薬をもらい、あとは自然治癒にまかせ通院は終了とする

凍傷12/18_1 凍傷12/18_2
12/18(火)撮影。指先の紫色が薄くなってきて一安心。

杉田医師に確認したことなど(私の場合で、凍傷の程度、患者の体調等により違うこともあると思います)
  • 応急処置としては、凍傷になった指を温水で温める
  • 水泡は破らない。破ると細菌感染のおそれがでる。血流が再開すると水泡内の液は吸収される
  • 当初患部の血管は塞がっているので、入浴で血流を良くすると浮腫を促進する
  • 患部を温める必要はないが、冷やさないようにする
  • 当初の治療は、血管を拡げる点滴のみで、服薬、軟膏などの処方はなし
  • 凍傷の程度の定義は自分としては不明確。火傷の1~3度に当てはめると酷い指は2度の真中より悪い状態である
  • お酒で体が温まるのが凍傷予防、回復に効果があるかは疑問である
  • 予防として血行を良くする薬を服用するのは、怪我した場合など出血が止まりにくくなるので勧めない
  • 見た目には治ったようでも、毛細血管や神経の損傷が回復するのには時間がかかるので、寒さには十分注意すること

参考サイト:
「感謝されない医者-凍傷-」金田正樹先生講演会(2007/06/16)
凍傷から学んだこと

[山行報告]
北沢を登り4つ目の鉄の橋(左岸から右岸へ渡る)から左へ入る。すぐの小さな沢を越え次の沢を詰める。少し行った分岐を右へ入る(倒木が塞いでいる)のが峰の松目沢である。
取付きに荷物のデポがあった。前夜宿泊した赤岳山荘の同宿者が松原ガイドと裏同心ルンゼに行くといっていたが、こちらに変更したようだ。

12月3日(小雪) 美濃戸赤岳山荘(7:40、-10°C)-林道終点堰堤(8:35)-峰の松目沢分岐(9:15)-10m滝取付(9:45-10:20)-赤岳山荘(12:00)

(記:大竹)

会友近況報告:大山詣で


【日程】2012年10月25日(木)
【場所】丹沢・大山
【メンバー】(会友)三瓶(清朝)、坂梨
大西さんより、会友三瓶さんと坂梨さんの大山詣での写真が転送されてきました。
二人が会うのも45年余ぶり、そのころのJCCの話に花が咲き楽しい登山だったとのこと。帰りは大和市桜が丘駅のネパール料理屋「サガルマータ」で乾杯。坂梨さんは、翌日脚の筋肉痛に見舞われたそうです。

三瓶坂梨_大山
三瓶氏(左)と坂梨氏(右)

女人禁制の碑 女人禁制の高札 鹿

情報:インド・ネパール料理「サガルマタ」
(記:ブログ管理者)

会友・泉氏のヒムルン・ヒマール登山壮行会(と称する 飲み会)


【日程】2012年9月26日(水)
【場所】横浜元町・中華街
【参加者】泉、川浦、岡本、松野、岩野、大西、長野、大竹

「60歳までにエベレストに行こう」と決心した会友・泉氏の第3ステップトレーニング、ヒムルン・ヒマール(7126m)登山への出発を前に、有志が集まり元町・中華街で壮行会(と称する 飲み会)を行った。かってのザイルパートナー松野氏も参加し閉店まで盛り上がった。

今回は、RYUSEKI EXPEDITIONSへの参加です。泉氏の健闘を祈るとともに帰国報告を楽しみにしています。

泉氏壮行会
左から2人目が泉氏(写真提供:岡本さん)

第1ステップトレーニング:アイランドピーク(6189m)(2012/4/18-5/10)
第2ステップトレーニング:エルブルース(5642m)(2012/7/31-8/10)

(記:大竹)

JCC2012年度総会


【日程】2012年4月1日(日)
【場所】横浜・神奈川県民サポートセンター
【出席者】会員:岡本、川浦、伊藤、大竹、大西、青木、新宮、鳥羽瀬、井上、会友:斉藤(俊)、泉

4月1日(日)午後1時から2012年度の総会が、横浜・神奈川県民サポートセンターで会員9名、会友2名の出席で開かれた。
川浦代表の挨拶に続き、各委員の報告、会員資格審査(本年度は対象者なし)、役員改選を行った。代表は川浦さんの続投に決定。その後、本年度の日程、創立55周年記念事業などに関しての話合いを行い4時に閉会した。
場所を移して打ち上げで盛り上がり7時ごろに解散した。

総会1 総会2 総会3
(写真は岡本さん提供)

参照:JCCwebサイト 会員へのお知らせ
(ブログ管理者)

Cerro Torre

記事の投稿が1か月以上なく広告が表示されるようになったので、クライミングの動画を紹介します。(ブログ管理者)

2005年11月の、Ramiro Calvo, Gabriel and Luciano Fiorenza, Max Odell, Walter Rossini (Argentina), Bruno Sourzac (France)によるセロトーレ西壁登攀の動画です。アイスアックスにシャベルのアクセサリを取り付けての、頂上直下のマッシュルーム状雪壁の登攀が圧巻です。13分と少し長いですが是非最後まで。



参考:セロトーレ西壁Ragniルート

神奈川県山岳連盟 インド・ヒマラヤ登山隊2011

インド・ヒマラヤ登山隊2011川浦代表が7月に、インド・ヒマチャル・プラディッシュ(HIMACHAL PRADESH)州の北東部に位置する6000m峰へ、「神奈川県山岳連盟インド・ヒマラヤ登山隊2011」の隊長として遠征します。
登山隊の計画書は、こちら(Part1, Part2)です。

6/11-12に、丹沢・戸沢作治小屋に古川さんはじめ、会員、会友9名が集まり、壮行会キャンプを行いました。帰国後の報告や写真が楽しみです。

(ブログ管理者)

Ueli Steck - The Swiss Machine

アルプス三大北壁などでスピード登攀を実践しているUeli Steckのビデオクリップです。


ヒマラヤ8000m峰も登っています。今年の4月に5306mのBCから単独でShisha Pangma(8013m?)頂上往復を20時間で成し遂げています。その18日後にはCho Oyu(8201m)にパートナーのDon Bowieと登頂。この後登山許可が取れればチベット側からEverestを目指すようです。2009年には、GasherbrumII(8035m)とMakalu(8463m)に登頂しています。
Ueli Steck -PROJECT HIMALAYA-
Ueli Steck - Welcome to Ueli's website
(2011/5/24追記) Everestは、低温のため足指の凍傷を危惧し8700mで断念したようです。
(2011/5/30追記) 予報に反し天気は悪かったが、5/21、23時過ぎに7700mのc2を出発。パートナーのDon Bowieは8000mで断念。Steckは順調に8700mの第三ステップまで登ったが、無酸素補給のため低温による足指の感覚麻痺が戻らず、凍傷を危惧して登頂を断念。下降を開始、9時にc2、そのままABC(6400m?)まで下山した。


(ブログ管理者)

瀬戸内の岩場紹介

帰省しました。そこでの岩場を紹介します。

広島県玖波行者山です。子供のころ体育着と運動靴でオンサイトフリーソロ(当時そんな用語ありませんでした。今風にかっこよくいえば「素登り」??)した左写真のクラック(右の写真で右岩塔の右側スカイラインあたり)、体感では、同じくフリーソロした城が崎のパープルシャドウ(5・8)よりハードでした。
この他にボルダー(3~4級)を登りました。
玖波行者山1 玖波行者山2

三倉岳です。前日雨、雪が降った日で、ハイキングにとどまりました。玖波駅から平日8時と休日9時にバスが栗谷まで運行されています。夕方は16時ごろに栗谷から玖波行きがあります(玖波~栗谷30分) 
三倉岳

岩国にある秘密の?岩場です。「スタジアム」と勝手に呼んでいます。
極難未登135°のフィンガークラックもあります。エッジの課題(2級)を登りました。(前傾壁チョーク跡)
右の写真はその岩場でのトラバース(4級)。スローパーの初歩といった感じ。好課題です。
岩国の秘密の岩場1 岩国の秘密の岩場2

このほか大野浦の城山など、瀬戸内の岩場は無数にあり、よく知られている三倉岳を含め、楽しめました。

長野

井上進のいのうえすすむ的心

ブログ:井上進のいのうえすすむ的心

あの赤蜘蛛同人(もう解散したから「元」かな)井上進さんのブログです。
書き始めの2009年5月の「記憶に残る山 記録に残った山」は胸躍らせずには読めませんでした。

小森さんのエピソード

追記:
井上進さんご本人からコメントをいただきました。ありがとうございます。
こちらが井上さんのお店「山の店」です。


大きな地図で見る

(大竹)

北岳バットレスで大規模な岩盤崩落

北岳バットレスで大規模な岩盤崩落があり第四尾根ルートの一部が消失したようです。
バットレス、登りに行こうかなと思っていたのにルートが壊れちゃった。崩落箇所のクラックが年々広がっていると言う指摘もあった。岩が安定するまで近づかないほうが無難かも。

(下の記事をクリックすると拡大します)
北岳バットレスで大規模な岩盤崩落

こちらの記事は「ヤマケイonline」よりの引用です。


北岳バットレスで大規模な崩落発生。一般ルートの左俣コースも通行止め
10年10月14日(木)
 ロッククライミングの名所として知られ、クライマーの間では人気の高い北岳バットレスで、10月10日未明に大規模な崩落が発生。バットレスのクライミングルートはもちろん、付近の登山道も一部で通行止めとなっている。

 北岳山荘によると、崩落があったのは北岳バットレスの中ほど標高3000m付近で、北岳バットレスを登るクライミングルートは、以前のルートとはまったく違う岩場に様変わりしているとのこと。当面の間はクライミング禁止となっている。

 また、この崩落の影響で、バットレス下を通過する一般登山道(左俣コース)は落石でえぐらて一部で消失。大樺沢二俣~八本歯のコル~北岳山荘間は通行はできなくなっている。

 落石は現在も続いており、大きいものでは150~170cmくらいの大きな岩が転がり落ちていて大変危険な状態で、絶対に近づかないように呼びかけている。

 したがって、広河原から北岳に登山する場合は、大樺沢二俣~右俣コースを通過するか、白根御池小屋を通過するコースを利用のこと。

 なおこの方面に登山に行く場合は、北岳山荘、北岳肩の小屋、白根御池小屋の各小屋に問い合わせのこと。
 ・北岳山荘 TEL090-4529-4947
 ・北岳肩の小屋 TEL090-4606-0068
 ・白根御池小屋 TEL090-3201-7683


(記:ブログ管理者)

Home > その他

ブログ内検索
リンク
RSSフィード

ページトップ